京急押入線

趣味のNゲージレイアウト製作記です。少ない予算・自由時間で模型作りと格闘しています。

懐かしいコレクション:天賞堂 EF58-61 初めて買った16番

ここ数回、車ネタが続きましたので、久々に模型を...
工作は冬眠中ですので、懐かしいコレクションシリーズ。
記念すべき当社の1/80・第一号、天賞堂製 EF58-61です。

[天賞堂 EF58-61]
2016021101.jpg

私の通う学校には、鉄道クラブの顧問をなさっている名物先生がおられました。
職員室の机の上に、天賞堂の電機がゴロゴロと。(笑)

これに影響を受けて、Nゲージャーの私は一念発起。
初めて大きい機関車を買ったのです。
1985年頃?の出来事かと思います。
缶モータ仕様です。以前ご紹介した89号機と同年代の製品ですね。

初めて・緊張して訪れた天賞堂で、一目惚れして買ったものです。
4万3000円だった記憶がありますが、定かではありません。
この機関車購入後、私は天賞堂のファンになりました。

 ~ ~ ~

[アップでパチリ]
2016021102.jpg

[サイドビュー(ピンボケ)(^^;;]
2016021103.jpg

この模型は、天賞堂のオリジナル状態ではありません。
銀箱にピノチオのステッカーが貼ってありますが、後年、ピノチオで再塗装してもらったものです。
初めて買った機関車で真鍮模型の扱いも分からず。
良く遊びましたし、塗装の劣化が目立ちました。
コタツの上に置いておいて、家族が引っ掛けて転がったこともありました。(笑)

記念すべき1号機関車なので、再塗装をお願いした次第。
気持ちばかりのディテールアップもお願いしました。
イイお値段しましたよ。(^^;;

今なら、絶対頼みません。自分で塗ります。自分で塗った方が、多分上手いし。(笑)
それに、今の小遣いでは...逆立ちしても頼めません。(爆)

 ~ ~ ~

何度か書いたかもしれませんが、私が天賞堂の機関車、特にこの時代の製品が好きなのは、

・スーパーディテールではないけれど、雰囲気が良い
・アレンジ?が上手い(スケール通りかは定かではないけれど)
・上品な色艶(この機関車は塗り替えてしまいましたが)

なのが理由です。
1両、3万~5万という価格レンジも、現実的でしたね。今は30万。
もの凄いインフレ率ですね。
今なら、カンタム・ダイキャスト仕様かプラ製が限界だなぁ。(^^;;;

 ~ ~ ~

今回で、現有の真鍮機関車のご紹介はおしまい。すべてのご紹介が終わりました。
京急模型(沿線情景を走る模型の再現)とは別の観点で、じっくり楽しみたいと思います。

TMS旧号に掲載されていた、なかお・ゆたかさんの機関区セクション。
あんな小さい情景を作って遊ぶのが、押入線とは別の夢であります。

小ネタで失礼しました。
お粗末。<(_ _)>

[おまけ・押入線メイキング動画]

- - - - -

ブログリンクに参加しています♪
良い記事だと思われましたら、ポチっとしていただけると、工作気力がアップします。

にほんブログ村 鉄道模型へor にほんブログ村 レイアウト製作へブログ村:鉄道模型・レイアウト製作

鉄道コムへ鉄道コム:鉄道模型・京浜急行


スポンサーサイト
  1. 2016/02/11(木) 14:58:22|
  2. 旧型直流電機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

懐かしいコレクション:天賞堂 ED16

ここしばらく、ブログ更新頻度が激減。
年末年始休みボケ。寒いし・眠いし。(^^;;

モジュールも頑張らないといけない昨今、こんなことではいけないのですが、
ブログネタ仕込み不要な懐かしのコレクションシリーズでお茶を濁します。(笑)

当ブログで初めてのデッキ付き旧型電機のご紹介。
ED16です。

[1980年代後半の製品:ED16]
DSC_5822.jpg

DSC_5858.jpg

旧型電機の中では、かなり晩年まで活躍したED16。
説明書によれば、昭和59年まで青梅線で活躍していたようです。

私自身は、実車にあまり思い入れのある機関車ではありませんでしたが、
天賞堂のショウウィンドウで見て、一目ぼれ。(笑)
高級仕様の黒ラベルではなく、白ラベルの製品ですが、
なんでこれが黒ラベルで無いの?と思わせる重厚感を、ケース内で放っていました。

白ラベルなのに、黒ラベル級の値段だったような気がします。
6万くらいだったかな・・・(今の相場から思えば、安いものですが・・・)

この機関車を持ち帰った晩は、
深夜3時頃まで?、コタツの上に置いて眺めて悦に入っていたことを思い返します。

[リベット・デッキ、繊細ながら重厚な表現]
DSC_5854.jpg

ブルトレ世代だった私は、電機と言えば青い箱型電機ばかりをイメージしていましたが、
ブラス製電機機関車、デッキ付きもいいなぁ・・・と、
妙に納得させられたことを思い返します。
モデラー少年卓。高校生の冬でした。(笑)

先日ご紹介したEF30EF58と言い、このモデルと言い。
現在販売されているスーパーディテールモデルから比べると、決して、精密ではありません。
でも、半艶の鈍い輝きと相まって、独特の雰囲気が有ります。

久しぶりに箱から出して、ブラスモデルの重厚さを感じました。
もし、将来、自分で自作車両を制作するにせよ、こう言った雰囲気を大事にしたいと思います。
カッチリ感、重厚感のある塗装etc...etc...

やっぱ、大きめな模型もいいな。
Nレイアウトが一段落したら、こいつらに機関区を作ってやりたいと、改めて思います。

・・・

さて、懐かしのコレクションシリーズも、段々とネタが少なくなってきました。
次回は、EF63か、ED61辺りかな。どっちが先に見つかるか次第で、ネタが決まります。(笑)

お粗末。<(_ _)>

- - - - -

ブログリンクに参加しています♪
良い記事だと思われましたら、ポチっとしていただけると、工作気力がアップします。

にほんブログ村 鉄道模型へor にほんブログ村 レイアウト製作へブログ村:鉄道模型・レイアウト製作

鉄道コムへ鉄道コム:鉄道模型・京浜急行


スポンサーサイト
  1. 2014/01/26(日) 01:45:34|
  2. 旧型直流電機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

懐かしいコレクション:天賞堂 EF58-89

3連休初日の昨日は、殆どの時間が外出でしたので・・・
こんな時には、ブログの仕込みが不要な、懐かしのコレクションシリーズで。(笑)

青い機関車、赤い機関車、銀の機関車と来れば、続きは茶色で行きましょう♪
EF58 89号機です。

[1980年代後半の製品:EF58 89号機]
DSC_5503.jpg
DSC_5508.jpg

ちょうど、EF58ブームだった頃で・・・
現役で最後に残った数両が、リバイバルカラーになる等して、話題を集めている時期でした。
その中で、ぶどう色に復活した89号機は「パック」などと呼ばれていた様に思います。

他にも、記憶では、
大窓ヒサシ付きの、66号機。
小窓青大将塗装の、93号機。(だったと思う)が活躍していたような。

当時は、まだ、電気機関車での特定ナンバー製品が少ない時代でした。
特定ナンバーの先駆けかと思います。
特定ナンバーモデルなのに、ナンバー貼り付け済でないのが、時代を感じさせますね。(笑)
まだ、フルディテール路線では無い時代の作風でした。

自分、このEF58 89、当時、大変気に入っていました。
いかにも、天賞堂らしい、品の有るぶどう色の塗装。
屋根の黒塗り分けも良い感じ。
ディテールアッサリ、一見物足りない感じながら、天賞堂!と言う感じがした様に思います。

この機関車を銀座に買いに行った日・・・
確か最後の1両で、本来のHO売り場ではない、2Fへの途中のガラスケースか何かに展示されていました。

通常、天賞堂って、購入するときに、必ず2台開封・見比べさせてくれるのですが、
この時には、最後の展示品なのでこいつだけを物色。

パンタが壊れていて、ちょっとガッカリ。
店員のおじさんが
「待っててくれるなら、パンタ、交換しますよ。それでも良いですか?」と。
パンタ以外は上出来でしたから、快くOK。
おじさんの作業を見ながら、ワクワクと、約30分待っていたことを思い出します。

パンタ、2つセット売りで、壊れていた一つを交換して、
もう一つは「箱に入れておきますね。予備にどうぞ。」と言われて嬉しかった思い出が。(笑)

・・・

そんなパンタ交換エピソードも有って、
20年以上も前の事なのに、購入した日の記憶が蘇ってきます。

先日ご紹介のEF30もそうですが、
ディテールなんて、アッサリでも、良いんじゃないかな。
そう思わせてくれる、この機関車です。

[スッキリ・アッサリ、でも、憎めない作風をアップでご紹介]
DSC_5505.jpg

ベーカーカプラーが懐かしいですね。(^^;;

久しぶりに箱から取り出して「やっぱりいいな」と思わせる雰囲気がありました。
当時は、カンモーター、良い音でスルスルと走りました。
そして独特の、機械の匂い。(笑)

久しぶりに走らせてみたいですね~

・・・

さて、次回は、何をご紹介しようかな。
EF63辺りを考えています。

お粗末。<(_ _)>

- - - - -

ブログリンクに参加しています♪
良い記事だと思われましたら、ポチっとしていただけると、工作気力がアップします。

にほんブログ村 鉄道模型へor にほんブログ村 レイアウト製作へブログ村:メインのリンクです(鉄道模型・レイアウト製作)

鉄道コムへ鉄道コム:サブのリンクです(笑)(鉄道模型・京浜急行)


スポンサーサイト
  1. 2013/12/22(日) 00:48:54|
  2. 旧型直流電機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

プロフィール

卓

Author:卓
アラフォーお父さんモデラー。
レイアウトを楽しんでいます。
Nゲージマガジン61~64号他掲載。
 Twitter@takusama2100

カウンター

Yahooブログ開設:20110519
FC2ブログ引越し :20121020

FC2カウント開始:24261~

YouTube-京急押入線

押入線の夜景
押入線の紹介
押入線メイキング
大師線メイキング
踏切メイキング
KATO・京急2100形

このブログ内を検索

最近の記事+コメント

カテゴリ

全てのフォルダを開閉

openclose

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ

2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【6件】
2017年 04月 【6件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【9件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【6件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【12件】
2016年 07月 【13件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【10件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【12件】
2015年 12月 【12件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【15件】
2015年 09月 【15件】
2015年 08月 【14件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【11件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【14件】
2015年 01月 【12件】
2014年 12月 【10件】
2014年 11月 【10件】
2014年 10月 【9件】
2014年 09月 【11件】
2014年 08月 【13件】
2014年 07月 【13件】
2014年 06月 【9件】
2014年 05月 【12件】
2014年 04月 【13件】
2014年 03月 【12件】
2014年 02月 【11件】
2014年 01月 【9件】
2013年 12月 【16件】
2013年 11月 【15件】
2013年 10月 【8件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【21件】
2013年 06月 【15件】
2013年 05月 【15件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【12件】
2013年 01月 【16件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【9件】
2012年 10月 【11件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【11件】
2012年 07月 【11件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【9件】
2012年 03月 【5件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【9件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【7件】
2011年 10月 【5件】
2011年 09月 【7件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【9件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【8件】

ブロとも一覧

 1500masaの鉄馬と鉄道
  
 ボシの『鉄道模型日記』
  
 へびあたまの館
  
 自遊人の妄想日記
  
 街並みの記憶をつくる
  
 Saka-j@松戸車輛のブログ
  
 CancerBusters2
  
 た625の工作室
  

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

Amazon

ブログランキング

にほんブログ村 鉄道模型へ にほんブログ村 レイアウト製作へ
鉄道コムへ 鉄道模型 ブログランキングへ

ブログ村

RSSリンクの表示

PR