常悦線定例・2016初夏(前編)

2016年06月19日17:13  レイアウト訪問 写真あり

最近、定期的にご訪問させていただいている常悦線
今回は、車両派敏腕モデラーさんが集われるとのこと。

最近、劇団常悦・或いは、常悦運営委員(笑)などと言って酒jさんから可愛がっていただいているボシ画伯と私。
今回もお邪魔してきました。

メンバーは、酒jさん、中村(朋)さん、伴さん、Kさん、ボシ画伯・私の6連で常悦定員120%の混雑度です。(笑)
ちなみに、委員長の西武マニアさんは今回は欠席。また次回ね~(笑)

前編は常悦線の進化を中心にご紹介します。

[植林・緑化が進む常悦線]
2016061901.jpg

2016061902.jpg

オランダフラワー製の自家製樹木で緑化が進む常悦線。
やはり、緑が増えると情景が更に好ましくなるものです。
出来栄えが良いものは、レイアウト手前に優先配置されていますが、枝の向こうが透けた感じの木立は萌えますね~

[材料のオランダフラワー]
2016061903.jpg

製法をお聞きすれば、さかつうギャラリー扱いのオランダフラワーに、
オリーブドラブスプレーで着色して、スプレーノリでターフを固着するそうです。

ファインリーフフォーリッジより大幅にお買い得。
うん。押入線も真似しましょう。

ちなみに、酒j師匠の奥さま、青海苔よろしくパラパラと振りかけるターフの葉に興味津々とのこと。
模型で深まる夫婦愛。ほほえましい。(笑)

[情景に映える植林の数々]
2016061904.jpg

2016061905.jpg

2016061906.jpg

2016061907.jpg

2016061908.jpg

酒jさん曰く...
もう、このレイアウトは飽きてきたけれど、作り直す?前に、
もう一段ディテールアップして、より多くの人に見てもらってから(模型誌発表も含めて)次は考えようかな。と。

このレイアウトに「飽きた」と言える思い切りも凄いものですが、
これから訪れるであろう、誌面発表の機会が楽しみでもあります。

[気になっていた鉄橋の工程を指南]
2016061909.jpg

閑話休題。
最近、鉄橋・高架線を作りたい私は、鉄橋・地形・線路を敷く順番が良くわからなくて迷っていました。
先人の酒j先生に指南を仰ぎます。

聞けば、路盤や鉄橋は先に作ってから、着色済のレールを一体で通すとか。
なるほどなぁ。

この辺のお知恵も参考に、次なる工作プラン(謎)を練ることにいたしましょう。

 ~ ~ ~

そして、後編でご紹介する車両たちをチラっと先見せ。(^^;;

[珠玉の車両達]
2016061910.jpg

2016061912.jpg

2016061918.jpg


凄いですね~。精密車両と常悦ワールドのコラボレーション。
お楽しみは、後編に続きます。
To Be Continued...(笑)

[おまけ・押入線メイキング動画]

- - - - -

ブログリンクに参加しています♪
良い記事だと思われましたら、ポチっとしていただけると、工作気力がアップします。

にほんブログ村 鉄道模型へor にほんブログ村 レイアウト製作へブログ村:鉄道模型・レイアウト製作

鉄道コムへ鉄道コム:鉄道模型・京浜急行

トラックバックURL

http://takusama2100.blog.fc2.com/tb.php/677-4fec3779

前の記事 次の記事