宅地造成(その4:ドッキング)

大分涼しくなりました。
心地よい温度で、布団をかけて眠るのが気持ち良いったらありゃしない。(^^;;
 
子供の通院やら、自分の髪切りやら、お昼寝やらで(爆)、大した工作もしていませんが、
牛歩の進み、1週に1度は更新しましょということで、宅地造成の続きです。
 
まずは、宅地(台地)の側面がプラ板の真っ白のままなので、これを俺色(ならぬ、ブラックジェッソ)の黒に塗ります。
 
[プラ板色(白の側板)よさようなら]

 
黒を塗った直後の写真は忘れました。(^^;;
 
さて、塗った後は、間髪入れずに?!ドッキング。
「コアチェンジ、ドッキングゴー(歳がバレますね)」
ボンドを、これまた塗り塗りして・・・
 
[ボンドを塗って、自家製ジオタウンのドッキングを待つ図]

 
[ドッキング完了♪]

 
黒にちょっと筆ムラ(艶のムラ)がありますが、気にしだすとキリが無いのでこの辺にしておきます。
 
・・・
 
やれやれ、ようやく、これで、緑化に入れそうです。
 
と思いましたが、次回はもう少し細かい仕上げ(下ごしらえ)が残っています。
ジオタウンと地面の間に隙間があるので(この写真でいうと奥側、斜面の方)、土で隙間を埋める処理をいたしましょう。変化が楽しめる緑化までは、もう少し辛抱です。
 
追伸:
 インプレッサ、ホイールのリム(縁取り)を歩道の縁石に擦って、3cmばかりの擦りキズができちゃいました。
 (T_T)
 奥さん曰く、
 「ホイールなんてもんは、靴と同じなんじゃい。履いて歩けば汚れるし痛むにきまっとる。
  何を細かい事言うとるんじゃい!」
 とのこと。
 確かに、良い事いいますがな・・・
 でも、なんか悔しい。悲しい。私が我が家で最初にブツけた人っちゅーのも許せない。
 模型で磨いた技術で、なんとか出来ないか思案中。
 タッチペンのクリア塗って、磨けばなんとかなるかなぁ~
 
 ということで、模型工作番外編が来週あたり、あるかもしれません。
 1週間経ったら、気にならなくなってるかもしれませんが・・・

スポンサーサイト

0 Comments

コメント