Nゲージショー(銀座松屋)

金曜の勤め帰り、銀座松屋で毎年行われる、夏のNゲージショーを見てきました。
到着時刻は既に19時を過ぎ、時間も少なかったので、興味のあるレイアウト関連のみ数枚写真を撮ってきました。
夏休み時期ではありますが、この時間帯になると客層は年少層がぐっと減り、帰宅途中のサラリーマン層が多かった様に思います。
 
・・・・・
 
まずは各社レイアウト。KATO/TOMIXの2大メーカーはいつものように大型モジュールを展示しています。
やはり、一日の長と言うのでしょうか。昔からレイアウトに注力しているTOMIXの方が、情景表現が上手い様に思えます。
 
[TOMIXから気に入った場所を2枚]

 
駅を立体配置していますが、交差した駅の感じが、近郊的な感じを上手くつかんでいると思います。
 

 
農村風景も、水を張った田んぼの表現が、メーカーの展示レイアウトとしては上出来だなと感じます。
 
[今造っている宅地の参考にKATOモジュールをパチリ]

 
なんかおもちゃっぽい。あんま参考にならない。(爆)
 
・・・閑話休題・・・
 
気になったレイアウト用品のみ、商品展示の感想をいくつか。
 
グリーンマックスは、団地を大々的にアピール。
まだサンプル品なのでしょうが、もう少し様子を見た方が良さそうです。
 

 
TOMIXは、レイアウト用品として、レイアウトをインテリア?風に楽しむ提案の提示。
 

 

 
しばらく前にもこの製品の広告をみて、良いな~と思いましたが、トミーのこの種の提案は、一般家庭に鉄道模型レイアウトが有る事が多いと言われる、ヨーロッパの様な生活?を思い起こさせ、良い提案だなと感じています。
大人の趣味?として、奥さま層にも認知される契機になれば良い商品だなと、感想を持ちました。
私の造りかけレイアウトには、ちょっと発売が間に合いませんでしたが。(^^;;;
 
KATOコーナーですが、ウッドランドの木のパック製品がありました。
リアルな木は難しいと思っているところで、少し気になった製品です。
 

 
・・・
 
この他に、サラっと見た程度で写真も収めていませんが、感じたことは数点です。
 
・KATO
 16番の線路(と車両)セットをいくつか展開する模様。(過去製品のリニューアル?組合せ販売?)
 走り回る16番車両を見ると、ブラス製品ではなくても、やっぱ迫力があって、ちょっと良いなと思ったり。
 押入れに数両ある、過去の16番電気機関車コレクションを引っ張りだしたくなりました。
 
・トミー
 鉄道コレクションを始め、前述のレイアウト用品も含めて、新しい趣味提案を次々にしているように思えます。
 活発な感じがします。
 
・マイクロエース
 新製品乱発から、再生産フェーズに移った様な気が。
 これからは、すぐに商品流通が無くなってプレミアムがついた品の再販がされることを期待します。
 京急関連のマイクロファンたる私にとっては、ちょっと朗報?
 
・グリーンマックス
 キットメーカーから完成品メーカーへの傾向が大きくなっていますが、
 依然、我が道を行っている感じがします。
 引き続き頑張ってください。特に私鉄製品の雄として。(笑)
 
・・・
 
以上、非常に簡単(且つ、レイアウトに偏った)ですが、ショーの個人的レポートでした。

スポンサーサイト

0 Comments

コメント