植林・緑化(その4)

休みの今日、坊主の攻撃をかわしつつ、3~4時間続けて緑化工事に励みました。
一通り、山一号が全面的に緑になりました。
夕方、外出前に撮った今日の成果がこれです。
 
[手前トンネル付近]


 
今日は、これまでのミディアムグリーンから色を変えつつ緑化しました。
ミディアムグリーン(山の麓/石垣の際)==>>オリーブグリーン(山の中腹)==>>ライトグリーン(山の上の方)へと段階的に?植えています。
ライト・オリーブは、アクセントとして、これまでに植えたミディアム部にも、まばらに植えています。
 
[山側面と奥側トンネル]


 
[全景]


 
ここ数日、山の色のグラデーションについては悩みに悩みました。
ネットや雑誌の秀作、ブログで教えていただいたアドバイスを眺め直し・・・
結果的に、Nゲージマガジンに掲載された、綾雄鉄道さんの植え方に近い?(出来栄えでは遠く及びませんが)方式になった様な気がします。
 
空気遠近法なる絵画用語もネットで調べ、上の方(遠い方)が色は薄くなるということで、ライトグリーン系を山の上の方に配置しました。
 
私が初めて本格的なレイアウト記事を目にした、TMS1984.1 沢渡鉄道さんの記事は、基本的に単色のライケンで山を覆い尽くすというもので、これも心に残っており、一通り緑色で埋めてみた感想としては、もう少し単色風の方が良かったような気もして、悩むところです。
・・・
先ほど、奥さんが
「わざとらしくて変な感じ」「もっと濃い緑の部分が多い方が良い」と感想を残していました。
言われたら気になってしかたない。
 
後で、この山、壊すかもしれません。
 
もしくは、しばらく様子を見ようかな。
緑(ミディアムグリーン)だけ、少し増やそうかな・・・
・・・
これから風呂に入って、ほろ酔い紅茶サワー(最近のお気に入り飲み物)でも飲んで、考えます。(^^;;

スポンサーサイト

0 Comments

コメント