山の色塗り♪

粘土コネコネに続き、山の色塗りをしてみます。
 
田宮の「情景テスクチャーペイント(ダークアース)」を使ってみます。
特用サイズ?(250ml)を買い置きしておいたものです。
 
スチロールにそのまま塗っても、下地は溶けないようです。
タミヤアクリルカラーの親戚みたいなもんのようですが、どうなるかな・・・
 
タミヤのサイトで、塗り方動画がありましたが、ヘラを使って原液のまま塗れと。
でも、山みたいにウネウネしているモノは、塗りにくいなぁ。。。
・・・しばし思案・・・
アクリル塗料と同じく、水で薄められるみたいなんで、少し水で延べて、筆で塗る事にしましょう♪
 

 
紙皿の上で、こんな配分?で水を加え練り練り・・・
とろみがついたところで、とろみ液を山肌のところどころにスプーンで置いて(垂らして)、筆で伸ばしました。
ポータルの際等は、筆で塗って、湿らせた面棒で擦って調整。
で、完成です♪
 
[全景]

 
[トンネルポータル付近その1]

 
[トンネルポータル付近その2]

 
水で溶ける手軽さもあって、割と気楽に塗れました。
部屋も汚れないし(石膏細工では、こうはいかないと思う)、良いと思います。
 
薄め過ぎた液を最後に重ね塗りしたら、ちょっと表面が粉を吹いたような感じになった部分があります。
粉が白っぽいのですが、ま、砂っぽいと思えば、そんなに変ではないかな。
(全景写真で、粉っぽい感じが分かるかと思います)
 
溶く濃さと、塗る厚みで少し感じが変わるようなので、研究が必要な気がしましたが、手軽さ・そこそこの仕上がり具合からみて、次からも使ってみたい材料だと思いました。
 
・・・閑話休題・・・
 
さて、ようやく山が地面色になりました。
次は木(緑)を生やしたいなぁ。
バラストも撒きたいけど。
迷うなー
んー
緑は、材料の在庫が・・・
あ、バラストはあったかなぁ・・・
んー (^^;;

スポンサーサイト

0 Comments

コメント