石垣下塗り

今日は有給♪
最近ずっとやりたいと思っていた、山の着色の第一段階として、石垣の塗装に手をつけてみました。
 
さて、いざ手をつけるとして、どの様に塗るか、かなり考え込みました。
模型雑誌を見るだけで、工作はしない安楽マニアになって幾年月。
 
筆塗りは、準備は楽だけど広い面積をムラなく塗るのはキツそう・・・
エアブラシは、いつぞや買ったけど使った事ない・・・
缶スプレーは、手軽だけど、塗料粉が広がるし仕上がりはどうかな・・・
 
ま、面積が広いし、缶スプレーでチャチャっと塗って(下塗り)、筆で仕上げ(ウェザリング)でもしてみようと思い立ち、作戦決行!
 
こんな感じになりました。

 
本日の主役(レシピ)はこれ。
在庫を発掘した缶スプレー達です。

 
手順としては、
---
1.GMねずみ色1号で全体を塗る
2.古いデザインの石垣は古めかしく濃い色にしたいので、タミヤジャーマングレーを薄く重ねる
3.GMダークグレーを、濃い部分をメインに全体に*サラッ*と重ねる
4.全体を落ち着かせるため、タミヤ木甲板色を*フワっ*と重ねる
5.ジャーマングレー、ダークグレー、木甲板色を全体に適当に重ねる
---
でやってみました。
 
別角度のアップをもう一枚。
(現物は、写真よりは、もう少し複雑な?ミックス色っぽい感じです)

 
久しぶりの塗装で、明らかに下手っぴ。厚化粧です。
下地のプラ工作も、ヤスリ仕上げを頑張ったはずが、隙間等残ってました。
 
ま、車両等のメカもの工作ではないので、アバタもエクボということにしようと自分に言い聞かせ、下塗りはこんなところにしておきます。(^^;;
 
ちなみに、写真で見えるでしょうか?
ところどころに開けてある穴は、水抜き穴のつもりです。
最初、0.5mmで開けたところ、目立たないので安直に1mmにしてみました。今度はちょっと大きすぎ? (^^;;
厚化粧のおかげで、思ったより、大きすぎ感は緩和されたようです。
・・・
さて、
まだ、スプレーでベタっと塗りましたという感じなので、ウェザリングで仕上げないといけません。
どうなりますことやら。(^^;;
期待と不安が広がります。
 

スポンサーサイト

0 Comments

コメント