ミクロの挑戦?!

山作りに飽きてきたので、前からやってみたかった情景表現を実験します。
 
私は、30余年来、京急の線路を沿線で眺めた結果、線路際を表現するには。。。
・線路際のバラスト留め(と呼ぶのか?)
・緑の鉄骨架線柱
がポイントだと、勝手に思っています。
 
まずは、バラスト散布前にどうしても作成を済ませたい、バラスト留めの試行をすることにしました。
 
私が言っている、バラスト留めとは、これ(下記写真)のことです。
古レールと、コンクリート板で、バラストを堰き止めているものです。
 
[ピンボケですみません。某駅ホームにて、携帯で撮影]

 
[他にも参考写真を...(ネットから写真を探して、一部加工のうえ拝借しました)<(_ _)>]
(古レールのバージョンと、H形状の鋼材?によるものがあるようです)


 
・・・・・・・・・・・・・
この物体を実現するために、まずは試しで、
・コード55の引抜きレール
・0.5mm厚、高さ2.5mmプラ板(エバーグリーン)
の組合せで実験してみました。
 
[試作品♪]

 
こりゃ、どえりゃー手間がかかります。
精度と生産性に工夫しないといけませんが、自己満足度はピカ一なので、本採用の方向で検討です。
 
また完成が遠のいていく。。。

スポンサーサイト

0 Comments

コメント