フェンス再び

8月の中ごろに取り付けた、線路際のフェンス。
取り付け具合が気に入らなくて、剥がしてしまったのは以前記事にしたかと思います。(^^;;
 
その後の駅前工事が進み・・・そろそろ塗装かという工程になりました。
重い腰を上げて、フェンスに再度挑戦です。
 
ということで、今回の貼り付け後はこんな感じ。
 
[フェンス再び]

 
え?
何が違うかって?
歪み具合が減りましたよ~
私の心のようにまっすぐになりました。(ウソ)
 
ま、出来栄えとしては、前回が100点満点の30点としたら、60点くらいでしょうか・・・
80点90点には中々届きませんが、ま、なんとか及第点かと。
 
[歪みが減って直線状に]

 
歪み無く貼るコツとしては、少し引っ張り気味に貼ることだと気がつきました。
たるむと、波を打つのです。
 
それと、若干の工夫として、フェンスとフェンスの間には、0.5mmばかし隙間を設けました。
となりブロックの歪み影響を少なくするためです。
線路の継ぎ目に、隙間を入れるのと同じような考え方かもしれません。
 
[フェンス間には隙間を]

 
 ~ ~ ~
 
さきほど、フェンス装着後をシゲシゲと眺めたところ、またボロに気がついてしまいましたが、
もう、これで次の工程に進もうかと思います。
フェンス在庫も、気力も尽きました。(^^;;
 
とりあえず、この土日で、部分的にでも色を付けて、作業に変化を持たせたいなと思います。
同じ部分を同じような工作ばかりだと、ちょっと飽きちゃいますからね。(^^;;
 

スポンサーサイト

0 Comments

コメント