KATOオフィスビル2の加工:その3(ウェザリング)

ウィークエンドブロガーもままならず、土日一度の更新になりつつありますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

・・・

最近は、帰宅が少し遅めで、毎日自宅着が23時過ぎくらいです。
そして、たまに、朝7:00出が有ります。(^^;;
お年頃なのか、疲れ気味。
昨日は早めに寝たのに、今朝の起床は10時近くでした。(爆)

20代の頃は、毎日0時半くらいに帰ってくるのが普通で、
23時台に家に着くと
「今日は帰り早かったね~、ゆっくり出来るね」などと言って夫婦で笑顔で夕食でしたから、
歳を取るのは怖いものです。(^^;;

・・・

そんなこんなで、週末はダラダラしていますので、工作の進捗も知れたもの。
皆さまのブログへの訪問も、もっぱらROMオンリーで失礼しています。

さて、継続中のビルリニューアル。
今回はウェザリング編です。

前回の投稿でしたでしょうか。Popeyeさんから「塗装工程を」とのコメントをいただきました。
ということで、いつもよりは細かめ?に手順をご紹介♪
役には立たないかなぁ。自己流です。

私は、ウェザリングは主にタミヤエナメルで行っています。
ハンブロールやアクリル絵の具にも興味がありますが、なんと言っても、タミヤエナメルは何処でも売っているのがよろしい。
手軽です。
不足色がある時には、通勤最寄ルートで、帰宅ついでに仕入れが出来ます。

基本的に、ウォッシングで仕上げます。

[こんな色で塗ります]
DSC_2439.jpg

今回は、タンが薄め(暖色)系の色なので、濃い系でウォッシングすることにしました。
・フラットブラック+タン+明灰白色+フラットブラウン
を混ぜ、薄め液でしゃぶしゃぶにします。

こいつを平筆でエイやっと塗って...

[エイやっと塗った図]
DSC_2440.jpg

湿っている(乾いていない)うちに、すかさず紙を乗せて表面の余計な塗料を吸い取り。

[吸い取り]
DSC_2442.jpg

そうすると、塗りたての状態から、トーンが一段沈みます。

[吸い取って、軽く乾燥させた後]
DSC_2449.jpg

こままでは汚すぎる(暗すぎる)ので、綿棒・紙にエナメル薄め液を浸み込みませ、拭き取ります。
拭くと言っても、綺麗に拭うのではなくて...
一方方法、ビルであれば、垂直方向・雨の垂れる方向に擦ります。

均一に拭かず、汚れが、特に継ぎ目や窓枠に残るように。

[汚れを残すように拭き取った後]
DSC_2459.jpg

換気扇ディテール周囲も、換気扇下側に塗料を残すように拭けば、それらしくなります。

[換気扇周囲、拭き取り後]
DSC_2463.jpg

ただ、もう少しはっきりクスミ感を出したいので、タミヤ製模型用綿棒(先が細い)にタミヤウェザリングパステル・黒を付着させ、換気扇下をこすると...

[画像では前の一枚と代わり映えしませんが...煤汚れがハッキリします]
DSC_2464.jpg

このままでは、艶・パステルの付着が落ち着かないので、スーパークリヤを一吹き。

こんな感じです。

[ウェザリング一段落の図:カワイイいちごちゃんカップには、なぜか景気付けの焼酎入り(笑)]
DSC_2467.jpg

DSC_2471.jpg

DSC_2473.jpg

いかがでしょう。
上手な方は、世の中に五万といらっしゃいますので、参考になるかわかりませんが・・・
どなたかの工作のキッカケに、少しでもなりますと幸いです。

 ~ ~ ~

さて、今晩はもう少し工作しようかな。
寝てしまうかもしれませんが...
工作できれば、明日くらいのブログネタになるかなぁ~

ではでは。(^-^)/~~~~

- - - - -

ブログリンクに参加しています♪
良い記事だと思われましたら、ご声援いただけると嬉しいです。
工作気力がアップします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村  (2012/09/20登録、2012/10/20 FC2へ登録更新)
鉄道模型レイアウト制作の1位になっています。と思ったら、
最近は順位脱落中です。(^^;;
ま、ウィークエンドブロガーじゃしょーがねーな。
ちゃんと更新しないとね・・・(笑)

rail-serach (2012/10/01登録、2012/10/20 FC2へ登録更新)
スポンサーサイト

10 Comments

千早  

シックな装いに…

とっても綺麗なウェザリング(表現がおかしいですが…)ですね。
ウェザリングは頃合いが難しいだけに参考になります。
コンクリの感じも絶妙…こちらに見とれてました。

2013/03/10 (Sun) 19:34 | EDIT | REPLY |   

おっさん  

ウェザリングが最高!!
文句無しの表現です!!
ダクト、雨跡のスジ・・・ 特に最上階の屋上からの感じは職人ならではの雰囲気に仕上がってます!!
何よりビルの後ろの後ろのコップがいい味出してます(笑)
冗談はさて置き、凄くいい感じですよ!!

2013/03/10 (Sun) 22:07 | REPLY |   

卓  

Re

千早さん いつもコメントありがとうございます。
> とっても綺麗なウェザリング(表現がおかしいですが…)ですね。
> ウェザリングは頃合いが難しいだけに参考になります。
> コンクリの感じも絶妙…こちらに見とれてました。
綺麗なウェザリング。やったー。ありがとうございます♪
嬉しいですね。
素敵な表現です。
コンクリ、缶スプレーのイマイチさ?(粒の粗さ)を利用していて(爆)、
ウォッシングすると、ザラつき塗面が良い感じに染まります。
個人的には、結構気に入っている塗装方法です。

2013/03/11 (Mon) 02:11 | REPLY |   

卓  

Re

おっさんさん いつもコメントありがとうございます。
> ウェザリングが最高!!
> 文句無しの表現です!!
> ダクト、雨跡のスジ・・・ 特に最上階の屋上からの感じは職人ならではの雰囲気に仕上がってます!!
わぁい。プロに褒められて嬉しいです。ありがとうございます。
本来の塗装があんま上手くないので、手間をかければなんとかなるウェザリングには、結構手間をかけてます。
失敗しても、拭けばなんとかなるので(爆)、試行錯誤がやり易いのです。
> 何よりビルの後ろの後ろのコップがいい味出してます(笑)
でしょう?(笑)
> 冗談はさて置き、凄くいい感じですよ!!
調子にのってこの調子でビル工作進めます~♪

2013/03/11 (Mon) 02:13 | REPLY |   

凡人オヤマダ  

レンガもコンクリも

ずいぶんと雰囲気が変わるものですねえ。
茶系のタイルレンガの色具合といいコンクリの質感といい最高です。
やはりウェザリングは風化の仕方を計算してやらないといけませんね。雨シミの入り方やダクト周辺の汚れ方がちゃんと理に適っています。
岐阜の街あたりにありそうなビルです。

2013/03/11 (Mon) 02:24 | EDIT | REPLY |   

卓  

Re

凡人オヤマダさん いつもコメントありがとうございます。
> ずいぶんと雰囲気が変わるものですねえ。
> 茶系のタイルレンガの色具合といいコンクリの質感といい最高です。
ありがとうございます♪
> やはりウェザリングは風化の仕方を計算してやらないといけませんね。
> 雨シミの入り方やダクト周辺の汚れ方がちゃんと理に適っています。
オヤマダさんも以前、記載しておられた、RMモデルスの連載記事などを参考に、
プラモ作成動画などで、日々研究してみました。(笑)
中々毎回均質には出来ないのですが...
何棟かビルを作ってみて、少し、要領を得た様な気がしています。
最初に作った駅ビル、塗りなおそうかな。(爆)

2013/03/11 (Mon) 12:18 | REPLY |   

志木鉄道  

大変参考になります

こんばんは。
ウエザリング過程の紹介、工程を含め紹介して貰い、大変参考になりました。
モジュールに使うストラクチャーでプラ製の物はこれを参考にさせて貰います。
私のモジュールの道路は印刷したものなので、カラープリンターのグレーの色の上から、
2B鉛筆の削り粉を指で擦ってやってみました。
そのままでは触ると汚れるので、つや消しクリアーを吹いてコーティングさせました。
ペーパー製はまたやり方が違うので、ちょっと自分なりに研究してみないと・・・。
まだ他にもやり方がありそうです。

2013/03/11 (Mon) 21:24 | REPLY |   

卓  

Re

志木鉄道さん いつもコメントありがとうございます。
> ウエザリング過程の紹介、工程を含め紹介して貰い、大変参考になりました。
やったー。それは良かったです。
今後も、こう言う感じの工程紹介記事を投稿しようかと、豚もオダテりゃ木に登ります。(笑)
> 私のモジュールの道路は印刷したものなので、カラープリンターのグレーの色の上から、
> 2B鉛筆の削り粉を指で擦ってやってみました。
> そのままでは触ると汚れるので、つや消しクリアーを吹いてコーティングさせました。
なるほど。
鉛筆を使うのは...旧い鉄道模型趣味誌の、都会風レイアウトで記事を読んだ記憶があります。
鉛筆、身近な材料ですがアナドレマせんね。(^-^!
> ペーパー製はまたやり方が違うので、ちょっと自分なりに研究してみないと・・・。
> まだ他にもやり方がありそうです。
私はあまりペーパー工作をしないので勝手が分からないのですが、
車両のペーパー自作しかり、手間をかければ材料感は消えてしまいますから...
工夫と手間の掛け次第なのかもしれません。
奥が深いなぁ。。。

2013/03/12 (Tue) 01:39 | REPLY |   

尾崎俊史  

まぁ、私は車両工作ですが。

私の方は今やっているのは、冬に買ったマイクロ製メトロ副都心線10000系と7000系副都心線更新車バージョンの小加工ですね。パンタ塗装に配管色差し+スミ入れに銀河モデル製ステッカー貼り付けをしています。後で、室内灯取り付け+銀河モデル製乗務員ステップ取り付けもする予定です。
新潟は雪が降るので、冬場はスプレー塗装は出来ませんので、ようやく春めいた今こそ、やらないといけません。
色差しですが、配管はジャーマングレー、パンタ台はライトグレーでやっております。クーラーへのスミ入れは黒です。屋根が薄いグレーなので、配管の色差しは非常に目立ちます。まぁ、多少実物と違う所もあるでしょうけど、雰囲気重視という事で。

2013/03/15 (Fri) 23:09 | EDIT | REPLY |   

卓  

Re

尾崎さん 少しお久しぶりです。
> 新潟は雪が降るので、冬場はスプレー塗装は出来ませんので、
> ようやく春めいた今こそ、やらないといけません。
確かに、寒い地域は大変そうですね。
本当ならば、エアブラシブースなどを室内に置ければ、寒い・暑いの影響が無く、仕上がりも良くて理想的なのでしょうが.....
誰しもが、ブースを置いて塗装できるとは思わないので、
皆さんの工作環境には、興味があるところです。
> 多少実物と違う所もあるでしょうけど、雰囲気重視という事で。
模型は小さいですし、本物の色で塗っても似ても似つかないですものね。
アレンジは、大切だと思います。

2013/03/16 (Sat) 16:57 | REPLY |   

コメント