JAM(鉄道模型コンベンション)訪問・・・その2

JAM訪問記の続き、レイアウト編です。
 
見ることに夢中で、クラブ名・作者名の記憶が曖昧で、記載を省いております。ご容赦ください。
(問題がございましたら、非公開コメントでお知らせください。)
# 私の知る範囲で、作者各位のURLをリンクしてみます。
 
まずは紙面等で有名な、水上線レイアウトから。
 
[川と橋が秀逸・・・第八利根川橋梁セクション]

 

 
言わずもがな、超有名なクラブですが、大胆な地形と繊細な工作が両立されていて、こりゃ参りました。
 
[旧セクションにも、改めて感心]

 
新作のみならず、旧作も改めて拝見すると、ツボを抑えた素晴らしい情景表現。
実景を模しているというのも要素でしょうが、要所要所をオーバーにしたり、省いたり、センスに感心します。
 
[江ノ電 鎌倉駅]


こちらも有名。
昨年も拝見して感心しましたが、今年は逆側サイドから近づいて見る事ができました。
ただの四角・三角ではない実景通りの建物。繊細な架線。塗装。
いいですね。この街の中を歩いて見たい感じを受けます。
 
[箱根登山 塔ノ沢]

 
緑の感じがなんとも言えません。

江ノ電・箱根登山は他にも秀逸なモジュールが有ったのですが、ピンボケ写真で残念。
私の脳裏のイメージを大事に取っておきたいと思います。
 
 ~ ~ ~
 
その3へ続く

スポンサーサイト

0 Comments

コメント