大師線モジュール:地形の造成

大師線モジュール、気持ちが熱している内に・・・
地形の大まかな造成まで行ってみました。

材料を仕入れないと無理かなと思いましたが、
自宅在庫のスタイロフォームと発泡スチロールでなんとか賄えました。
持つべきものは在庫なり。(爆)

 ~ ~ ~

実景を模型にするって難しいですね。
手を動かしている時間より、写真やGoogleを眺めている時間の方が長いです。

実際の縮尺その物ではないし・・・
Nゲージはそもそもオーバーだし、
モジュールだから、新幹線・外国型が走るかもしれないし...
などと考えていると、手が動きません。(爆)

ようやくこんな風になりました。

[似てる?、似てない? 造成結果]
DSC_4524.jpg

DSC_4545.jpg

DSC_4548.jpg

全体的に、地形が大きすぎる気がします。
・掘割の深さ:深い・高さが高い
・掘割の幅 :広い・線路際に余裕があり過ぎ
etc...etc...

でもね、架線とか張って、運転会で引っかからないように、とか考えると、
こんなもんなんですよね~

押入線標準の架線高さは、レール面上35mm。
吊架線を10mmとして...
これだけで、レール面上、45mm必要です。
こいつに、道路橋の高さと、道床の高さを足すと...
モジュールで共用という性格から、余裕を見て、堀割(道路橋部)高さは60mmになりました。

鉄道模型やラジコンは「走る」と言うギミックがあるので、なかなか難しいですね。

でも、自分が作った世界をお気に入りの電車が走る気分は最高ですから、
両立って中々難しいところです。
難しきも、また、楽しみかな。そんな感じですかね~

こうやって自分で経験してみると、JAMなどで常連の、
水上線レイアウトや江ノ電・箱根登山レイアウトの再現力は凄いなと、改めて感心してしまいます。
テクニックもさることながら、デザイン力が凄いですね。
デフォルメ力・デッサン力。

よーし、自分も頑張るぞ~♪

 ~ ~ ~

工作屑・ゴミが出る造成は粗方終わりましたから、
後は平日の夜、ちまちま、ディテール工作ができますかね。
ここからが、楽しい工程かな。。。

お粗末。(^-^)/~~~~

- - - - -

ブログリンクに参加しています♪
良い記事だと思われましたら、ポチっとしていただけると嬉しいです。
工作気力がアップします。

にほんブログ村 鉄道模型へor にほんブログ村 レイアウト製作へブログ村:メインのリンクです(鉄道模型・レイアウト製作)

鉄道コムへ鉄道コム:サブのリンクです(笑)(鉄道模型・京浜急行)


スポンサーサイト

10 Comments

GREEN CAR  

基礎部分の完成ですかね。本来は集合式レイアウトとして役割分担しながら自分のセクションに専念しながら作り込むのが理想なモジュール製作なんでしょうねぇ~。
存分に楽しみながら造型に励んでくださいね(^^ゞ

2013/09/09 (Mon) 03:03 | REPLY |   

卓  

Re

GREEN CARさん いつもコメントありがとうございます。
> 基礎部分の完成ですかね。
> 本来は集合式レイアウトとして役割分担しながら自分のセクションに専念しながら作り込むのが理想なモジュール製作なんでしょうねぇ~。
はい。
GREEN CARさんの様に、貸会議室を埋め尽くす大モジュール群を一人で揃える人はあんま居ないと思います。(笑)
と言うことで、初挑戦ですから、
身の丈にあったサイズ?で頑張ってます。
> 存分に楽しみながら造型に励んでくださいね(^^ゞ
ありがとうございます。
本家、押入本線も私のライフワーク?で、進めないといけませんから、
双方が、良い気分転換・刺激になって、同時に進むと良いなと思っています。

2013/09/09 (Mon) 09:36 | REPLY |   

京急1049編成  

印象把握がグッド!

良い印象把握ですね。
さほどボードの奥行きがないのに
地形で高低差をつけると、こんなにも
奥行き感が出るんですね!
大師線モチーフですが、モジュールを
つなげれば他の車両もはしるんですよね!
そのようなことも配慮したら、壁の高さが
高くなってしまうのも無理ありませんよ!

2013/09/09 (Mon) 17:46 | REPLY |   

千早  

ウフフ‼

こんにちは。やっちゃいましたね。
地形を工夫すると勾配ある線路に見えたりで、魅力的な情景を選択されたものですね。
卓さんのことですから、折り込み済でしょうが、上に情景を積んでいくと縦横のバランスが崩れがちですので少し気をつけて下さい。

2013/09/09 (Mon) 18:52 | EDIT | REPLY |   

志木鉄道  

進みましたね

こんばんは。
一気に地形造形まで進みましたね。
ベースに線路を敷設すると、一旦気が抜けます。
極端な話、接続と通電がOKなら列車は通りますから…。
でも、「鉄は熱いうちに打て」ということわざもあるので大事です。
多分、建築限界は大丈夫なように見受けられますが、
実際どんな車両が走行するのか事前に確認しておいた方が良いかもしれません。
シーナリィ作り込んだ後に接触部分があったりすると修正作業も出るので、
事前に代表者の方へ確認しておいた方がベターではないかと思います。
押入線と合わせこちらの製作過程も楽しみにしています。

2013/09/10 (Tue) 01:57 | REPLY |   

卓  

Re

京急1049編成さん いつもコメントありがとうございます。
> 良い印象把握ですね。
> さほどボードの奥行きがないのに
> 地形で高低差をつけると、こんなにも
> 奥行き感が出るんですね!
ありがとうございます。
ちょっとイマイチかな...って思っていたので、そう言っていただけると嬉しいです。
この後も、チマチマと小アレンジを加えています。
線路の周囲に高低があると、
線路自体に高低が無くても、変化を感じるのは面白いですね。
目の錯覚なのかもしれません。

> 大師線モチーフですが、モジュールを
> つなげれば他の車両もはしるんですよね!
> そのようなことも配慮したら、壁の高さが
> 高くなってしまうのも無理ありませんよ!
どーもです。
外国形の蒸気?とかも走っちゃうかもな...とか思って、ちょっと余裕を持たせました。
ぶつかっちゃって走れないと、興ざめですものね。(^^;;
モジュール発挑戦なので、色々と気を遣います。(^^;;

2013/09/10 (Tue) 12:24 | REPLY |   

卓  

Re

千早さん いつもコメントありがとうございます。
> 地形を工夫すると勾配ある線路に見えたりで、魅力的な情景を選択されたものですね。
はい。ここの掘割感、線路が低くて埋もれてる感が気に入りました。
これからのディテールで、それが強調されると良いなって思ってます。
> 上に情景を積んでいくと縦横のバランスが崩れがちですので少し気をつけて下さい。
了解しました~
(^-^)ゝ
何事も未経験なので、この先もアレンジしながら進めます♪

2013/09/10 (Tue) 12:26 | REPLY |   

卓  

Re

志木鉄道さん いつもコメントありがとうございます。
> 一気に地形造形まで進みましたね。
> ベースに線路を敷設すると、一旦気が抜けます。
> 極端な話、接続と通電がOKなら列車は通りますから…。
自分の場合、ついつい走る事を後回しにしてしまいます。(^^;;;
作っている方が楽しいというか...
今回も、他モジュールとの接続線路を用意する前に、地形の作成に入りました。(爆)

> でも、「鉄は熱いうちに打て」ということわざもあるので大事です。
> 多分、建築限界は大丈夫なように見受けられますが、
> 実際どんな車両が走行するのか事前に確認しておいた方が良いかもしれません。
そうですね。アドバイスありがとうございます。
今は、とにかく「大きめでも大丈夫」を心がけています。
モジュールのカーブ最小半径が280mmと言う事から考えると、桁違いに大きい車両が通るとかは無い様です。
> 押入線と合わせこちらの製作過程も楽しみにしています。
V(*^-^*)V

2013/09/10 (Tue) 12:31 | REPLY |   

た625  

こんばんは

こんばんは
スタイロを貼って、削って、一番楽しいときですね♪
少し削っては眺め、反対側からも眺めたりと、お酒がすすみます。
てか、お酒は飲まれないんでしたっけ(汗)
いろいろとプレッシャーもあろうかと思いますが、頑張ってください。
陰ながら応援させて頂きます(^^)

2013/09/10 (Tue) 21:25 | REPLY |   

卓  

Re

た625さん いつもコメントありがとうございます。
> スタイロを貼って、削って、一番楽しいときですね♪
> 少し削っては眺め、反対側からも眺めたりと、お酒がすすみます。
> てか、お酒は飲まれないんでしたっけ(汗)
お酒は少しはいただきますよ。(笑)
確かに楽しいですね。
毎晩、寝る前のひと時、造成を楽しんでいます。(^^;;
ただ、今のところは、
削りカスが沢山でるので、粉粉なのがタマニキズ。
コンパクトダイソンが欠かせません。(^^;;
> いろいろとプレッシャーもあろうかと思いますが、頑張ってください。
> 陰ながら応援させて頂きます(^^)
ありがとうございます。(*^-^*)

2013/09/11 (Wed) 09:08 | REPLY |   

コメント