大師線モジ:地形ディテール(擁壁・石垣・側溝)

前回投稿まででようやく地形の骨格が整いました。
少し変化の有る工程に進みつつあります。石垣などのディテールの追加♪

パーツを足すと、俄然街らしくなります。(気のせい?)
一つ接着しては悦に浸るので進みが遅いこと遅いこと。(^^;;

それでは、本日の進捗です。

[全体状況]
DSC_4624.jpg

DSC_4652.jpg

[川崎市街側(内陸側)の、レンガ擁壁部]
DSC_4629.jpg

DSC_4642.jpg

実景では非常に古めかしくて雰囲気のある部分。この後の色が勝負ですね。
とりあえずは、津川のデザインプラスチックペーパーのレンガで表現。
いつも使っているものは目が細か過ぎる気がしたので、一サイズ大きいものを採用。

以前投稿したバラストの粒サイズといい・・・
HOサイズくらいの方が、オーバー感があって個人的にはシックリきます。

レンガ部分のサイズは、そもそも実景と縮尺があっていないので適当にオーバー気味にデフォルメ。
そこそこ雰囲気は良いような。
もう少し、レンガ区域を延長してもいいかもしれませんね。悩みどころです。

[ひな壇(やや想像)の石垣]
DSC_4633.jpg

雰囲気重視。普通のひな壇。
人様のお宅をジロジロ見るのも変なので、実景観察の際にもあんまり見てない。(^^;;
この辺は模型らしく、雰囲気で行きましょう。
定番グリーンマックスの石垣で。

[側溝]
DSC_4637.jpg

UCCさんが、側溝の蓋を一枚一枚切り出すというとんでもないものを作成されているのを見つけてしまった(爆)が...
試しに一枚真似して断念。(^^;;

諦めて、オーソドックスなタイプ(L字側溝風)に路線変更。

0.5mmの舗装面に対して、0.3mmのプラを貼り付けたので0.2mm凹んでいることになります。
こぱる製のエッチング側溝蓋(グレーチング)を何枚か貼って、細密っぽく演出。

このエッチングパーツは、押入本線で採用したところ、
ドライブラシが効いて非常によろしい。お気に入り。

 ~ ~ ~

やっぱ、これぐらいの工程が楽しいですね。
一番楽しいのは、色塗りだけど。
手で「創っている・造っている」という雰囲気が楽しめます。

ガンプラ好き少年がそそまま30年経ったような私としては・・・
今が一番楽しい工程かも。
でも、プラ細工でヤスリ粉まみれなのは嫌だなぁ。
やっぱ、早く塗装まで進みたいな。(^^;;

 ~ ~ ~

この後は、建物群は後回しにするとして、
地形としては、石垣他をもうしばし追加したあとで、難物:フェンス・ガードレールを用意しなければなりません。

斜面のフェンスとかって凄く難しそう。(^^;;
架線以来の半田付けとなりますか・・・乞うご期待?!

- - - - -

ブログリンクに参加しています♪
良い記事だと思われましたら、ポチっとしていただけると嬉しいです。
工作気力がアップします。

にほんブログ村 鉄道模型へor にほんブログ村 レイアウト製作へブログ村:メインのリンクです(鉄道模型・レイアウト製作)

鉄道コムへ鉄道コム:サブのリンクです(笑)(鉄道模型・京浜急行)


スポンサーサイト

10 Comments

た625  

こんばんは

こんばんは
基礎の造成ができたと思ってましたら、
いつの間にか石垣やレンガまで積んだのですね。
それと、段々になった石垣、良い雰囲気です♪
>側溝の蓋
リンク先様の画像を拝見しただけで、お腹一杯になりました(汗)
というか、L字側溝ですら、大変そう。。。(^^;)

2013/09/23 (Mon) 23:36 | REPLY |   

凡人オヤマダ  

いよいよ装飾へ

 前回記事へもコメントしたかったのですが、基礎が出来上がり、いよいよ装飾工程ですね。
 レイアウト製作は非常に地味というか、変化に乏しい工程があって作業がだらけ気味になったりします。
 そんな工程を終えて地面の装飾工程に入っていかれたようですが、古レンガや石積みも相まって地形の面白さが引き立ちつつあるなと思います。
 側溝の蓋はうちももっと真面目にやりたかったところです。うちではかなり安易なプリンター印刷の側溝の蓋を道路シートに貼るという手法を採っていますが、やはりきちんとした立体表現をしているかしていないかの差はあるなあとつくづく思います。
 前に側溝の蓋を手軽に表現できるグッズができればなあと考えたことがありましたが、諸事情により断念しました。
どうしてもレイアウト製作は自作・自作・自作・・・・・が避けられません。
(この状況を何とかしたいのですけどねえ・・・・。)

2013/09/24 (Tue) 01:07 | EDIT | REPLY |   

おっさん  

いや~実際にある風景を作るのは楽しいですよね!!
その分細かい所も大変ですが、自分なりのこだわりが出てきて本当に楽しいです!!
卓さんなら凄いの出来そうだと思うので、
頑張ってくださいね!!

2013/09/24 (Tue) 08:45 | REPLY |   

卓  

Re

た625さん いつもコメントありがとうございます。
> 基礎の造成ができたと思ってましたら、
> いつの間にか石垣やレンガまで積んだのですね。
> それと、段々になった石垣、良い雰囲気です♪
ありがとうございます。
石垣、本物っぽくは無いのですが(^^;;
スッキリとは取り付けることができました。
今回は、
・実物に似せられる部分は、なるべく似せる
・似ていない部分は、スッキリ感を心がける
で行こうかと思っています♪
> >側溝の蓋
> リンク先様の画像を拝見しただけで、お腹一杯になりました(汗)
> というか、L字側溝ですら、大変そう。。。(^^;)
お腹いっぱいになりますよね。
とにかく凄くて・・・
真似しようと思いましたが、気力・技が追いつきません。(爆)
L字側溝風は、プラ材の組み合わせなので、なんとか。
エッチングパーツは貼っただけ(笑)ですが、雰囲気アップに一役買ってくれています。

2013/09/24 (Tue) 09:09 | REPLY |   

卓  

Re

凡人オヤマダさん いつもコメントありがとうございます。
>  レイアウト製作は非常に地味というか、変化に乏しい工程があって作業がだらけ気味になったりします。
本当にその通りですね。
基礎段階のスチロール細工は、いつもの模型材料とは随分と趣向が違いますし、
大きなゴミも沢山出て・・・
あまり、鉄道模型を触っている感じがしません。(^^;;
ヘコタレそうになりました。(爆)
>  そんな工程を終えて地面の装飾工程に入っていかれたようですが、
> 古レンガや石積みも相まって地形の面白さが引き立ちつつあるなと思います。
ありがとうございます。
ようやく、苦手な工程を脱しました。(^^;;
パーツ類も、手元で作業できる大きさになってきましたので、
一つ作って貼ると・・・雰囲気が変わって、楽しさを感じつつあります。
レンガ積み等は、現地でとっても味のある風合いでしたので、
そのエッセンスが盛り込めればと思います。
非常に古くから、そこに存在していた色合い・・・
昭和30年とか、40年とか、そんな頃から有ったかような雰囲気です。
流石、老舗の大師線だなと思わせる要素です。
>  側溝の蓋はうちももっと真面目にやりたかったところです。
オヤマダさんの塗装術をもってすれば、2Dでも十分な雰囲気ですが、
自分はそこまでの術は無いので、3Dの立体感・細工で勝負しています。(笑)
>  前に側溝の蓋を手軽に表現できるグッズができればなあと考えたことがありましたが、
> 諸事情により断念しました。
いつも使うので、欲しいな~。でも製品が無い、と言うのが意外に多いですよね。
道路の側溝はその代表例な気がします。
後は、点字ブロックとかも。有りそうで無い。
インジェクション量販品が出たら、それなりに売れる気がするんだけどなぁ。
レイアウト派の人口も限られているでしょうから、
メーカーさんの元手が取れないですかね。(^^;;

2013/09/24 (Tue) 09:37 | REPLY |   

卓  

Re

おっさんさん いつもコメントありがとうございます。
> いや~実際にある風景を作るのは楽しいですよね!!
>
> その分細かい所も大変ですが、自分なりのこだわりが出てきて本当に楽しいです!!
おっさんさんも「あまちゃん」の風景に挑戦されてますから、
今、「実景の模型」競作みたいになってますね~
負けないようにしなくっちゃ。(笑)
おっさんさんは造るのが早いので、アッと言う間に抜かれそうです。(^^;;
お互い、頑張りましょう♪

2013/09/24 (Tue) 09:44 | REPLY |   

UCC  

こんにちは。
いや~、下地なのにかっちり作られてますねぇ。。。見ていて気持ちいいです(^^
>とんでもないものを作成
とんでもないもん作ったろう!!と意気込んでやってみたんですが、あれは実物はたいしたことないです。やり直したいくらい。。。ジグを作ってやったんですが、やっぱバラツキが出てなかなか難しいですね。
L字側溝にグレーチングはやっぱり必要ですよねぇ。。。やろうと思いながら結局付けなかったんですが、やっぱ付けようかな。。。(^^;

2013/09/27 (Fri) 00:47 | EDIT | REPLY |   

卓  

Re

UCCさん コメントありがとうございます。
> いや~、下地なのにかっちり作られてますねぇ。。。見ていて気持ちいいです(^^
ありがとうございます。
キッチリ感だけは、頑張って出すようにしています♪
> とんでもないもん作ったろう!!と意気込んでやってみたんですが、
> あれは実物はたいしたことないです。やり直したいくらい。。。
> ジグを作ってやったんですが、やっぱバラツキが出てなかなか難しいですね。
いやいや、あの側溝は本当に「とんでもない」です。
見て驚きましたよ。
真似できないです。(^^;;
現物を拝見するのが楽しみ。
> L字側溝にグレーチングはやっぱり必要ですよねぇ。。。
> やろうと思いながら結局付けなかったんですが、やっぱ付けようかな。。。(^^;
UCCさんのは今のままで充分ですって。(笑)
もし、UCCさんのモジュールの隣に繋ぐことになっちゃうと...
自分のが見落とりしちゃうので、今のままで勘弁しておいてください。(笑)
とか余計なことはオイテオイテ・・・
グレーチングは、有った方が雰囲気増しますよね。
墨なんか入れると効果的だろうなって、妄想しています。

2013/09/27 (Fri) 06:39 | REPLY |   

mitoona3  

ヽ(´ー`)ノ

上から見ることの多い鉄道模型において、この様な立体感あるモジュールは非常に有効ですね!
カント・高低差はモジュール必須項目になりますね。
毎回見させていただく作成記事ですが、私には一生出来ない芸当なので羨ましい限り!家にも作ってください(笑)

2013/09/28 (Sat) 08:54 | REPLY |   

卓  

Re

Mitoona3さん 連コメありがとうございます!!
> 上から見ることの多い鉄道模型において、この様な立体感あるモジュールは非常に有効ですね!
ありがとうございます。
実景を模した結果、押入本線よりも起伏に富んで、面白い感じになりました。
やっぱり、想像・空想よりも、実景を真似るとよい感じになる様です。
こうなってくると、押入本線も改良したくなってきます。(^^;;
> 毎回見させていただく作成記事ですが、私には一生出来ない芸当なので羨ましい限り!
> 家にも作ってください(笑)
一生作れない?(笑)
自分、Mitoona3画伯ののほほん作風が大好きなんだけどな~
久しぶりにレイアウト作りませんか???(笑)

2013/09/28 (Sat) 19:56 | REPLY |   

コメント