押入本線:丘リフォーム(その3:宅地塗装)

連休で完成!と大きな?目標を描いて始めた丘のリフォーム。
やはり無理でした。
月曜夜の時点ではここまで。(^^;;
宅地の下塗装が済んだ状態です。

後は平日夜にチマチマとやりましょうかね~

[とりあえず宅地の基本色塗装まで]
DSC_5009.jpg

DSC_4997.jpg

細かく見ると粗が見えます。(画像では見えないっぽい)
下地が粗かったかな。
プラの継ぎ目・ヤスリ目等が、一部残ってしまいました。

コンクリの継ぎ目に見立てて、
ウェザリングで誤魔化すか・・・(^^;;

この後は、ウェザリングして、
追々、メッシュフェンスでも立てましょうかね~
熟成は後からジックリと言う事で。(爆)

[別角度から]
DSC_5014.jpg

ひな壇に建てる家は、KATO製品にしてみます。
現段階では置いてあるだけの仮置き。
とりあえず、
製品土台の大げさな外構・庭をぶった切って(爆)、土地サイズに合わせました。

KATO製の住宅シリーズは、JAM等で拝見する限り、
うみ電やま電さんや、鉄っちゃん倶楽部さんでも見かける良い製品。

上記秀作レイアウトでは、ウエザリングやアクセサリーで、
上手に化けて利用されていました。
あまり手をかけず、ウェザリングなどで独自感を出せればと思います。

DSC_5012.jpg

家の向きは、トンネルポータル側に正面を。
ひな壇の背面は、日が当たらないだろうから・・・
窓の大きい正面、玄関面は、ひな壇を背面にするだろうと言う想定です。

作り直し前の宅地で、やけに大きく見えたKATO製の家シリーズ。
今回は、家が目立ち難くなった様に思います。
恐らく、背面の山や側面の擁壁が、目立ちすぎる事を抑える効果があるのだと思います。
周囲に緑が茂ると、更に小さく見えると、期待しています。

[バックボードの下処理はこんな感じ]
DSC_5004.jpg

バックボードの継ぎ目消しに手こずりました。
ブツが大きいので大変。(^^;;
削り粉まみれで奮闘。
今現在はマーブル状・牛さんの模様に見えますが、ようやく、塗装できそうなレベルに。

完璧なレベルではありませんが・・・ほどほどの線で妥協。(爆)

 ~~~

この後は、

・宅地部のウェザリング
・粘土で地形修正
・土処理(テクスチャーペイント)
・バックボード塗装
・緑化

と進みます。

緑化ぐらいまで進むと、楽しいのですがね~
粘土・テクスチャーは、手や机が汚れるので面倒です。(^^;;

しばし、お付き合いをお願いします。
お粗末。<(_ _)>

- - - - -

ブログリンクに参加しています♪
良い記事だと思われましたら、ポチっとしていただけると嬉しいです。
工作気力がアップします。

にほんブログ村 鉄道模型へor にほんブログ村 レイアウト製作へブログ村:メインのリンクです(鉄道模型・レイアウト製作)

鉄道コムへ鉄道コム:サブのリンクです(笑)(鉄道模型・京浜急行)


スポンサーサイト

2 Comments

GREEN CAR  

段々の丘に住宅が並んでいる光景は神奈川ではよく目にしますね。東海道新幹線でも品川~新横浜間で進行方向右側で目にします。
三渓園付近から横須賀へ向かう間もありますし・・(^_^)
根岸を走らせたくなります(笑)

2013/11/05 (Tue) 17:32 | REPLY |   

卓  

Re

GREEN CARさん いつもコメントありがとうございます。
> 段々の丘に住宅が並んでいる光景は神奈川ではよく目にしますね。
> 東海道新幹線でも品川~新横浜間で進行方向右側で目にします。
さすが、良くご存じですね。
同じ関東と言っても、神奈川、特に横浜以南は山だらけという感じです。
根岸線も、京急ほどでは無いにせよ、そうですね~
義母がこちらに遊びに来た際に、丘のひな壇住宅が多くて驚いていたようです。(^^;;

2013/11/05 (Tue) 23:02 | REPLY |   

コメント