駅前パネル

季節の変わり目の寒暖激しく、体調イマイチですが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?
さて・・・

ホーム作成が一通り終わった後、ボーナス臨時小遣いでビルを買って、並べて喜んでいましたが、そろそろ次工事に着手しないと、暑い夏でやる気がゲンナリしてしまいます。(^^;;
 
ということで、重い腰を上げ、ゲットしたビル群が設置可能な様に、駅前の地盤整備を行います。
 
私の駅前ロータリーは、KATOジオタウンの駅前セットを、切った貼った・プラ屑まみれで、形を自分好みに変えたものです。
一通りロータリー部分は塗装まで済ませていましたが、スペースが半端でビルの土台になる部分が平らになっていません。
 
題して、駅前パネル工事と銘打って、今後、ちゃぶ台で歩道工作etc... の軽作業が出来るように、ビルの土台となるパネルスペースを拡張します。
 
[パネル拡大後全体像]


本来ならば左右の山間を一体のパネルにすれば良いのでしょうが、あまりデカイとちゃぶ台には大きすぎて、手に余りますので、第一弾として、丸井風ビルの設置場所から右の山裾までをパネルにするように、プラ材で増設しました。
白い部分がプラ材の色・今回の拡張部分です。
 
右山とカーブ線路の間にピタリと隙間無くパネルを作ることに苦労しました。
ホーム作成時のカーブホーム現物合わせ経験が今回に活きています。(^^;;
 
ジオタウン道路って・・・
結構な厚みで、実測:3.7mmくらいある様に感じました。
丸井風ビルはビル台座が厚みがあるので、設置場所は2mmのタミヤプラボードで地盤を作ります。
(歩道の厚みを考えると、歩道とビルの土台の厚み差が丁度良くなるはず)
 
[丸井風ビル設置場所]


ロータリー右手の小ぶりなビル群の予定地は、ジオタウンの厚みに合わせて地盤を面一にしました。
手持ちの、1.2 + 0.5 + 2.0mm のプラ材の貼り合せです。
 
[右手小ぶりなビル群の設置場所]

 
やれやれ、プラ板の厚みがあるので骨が折れましたが、ようやく第一弾パネル拡張がなんとかなりました。
この後で調整は必要でしょうが、ま、こんなもんでしょう。
(今回も粗を探せばキリはありません。)(爆)
 
[ちゃぶ台にパネルを持ち出して工作♪]


これで、ちゃぶ台で軽工作可能になりました。
歩道作成くらいなら、帰宅が早い日ならちょこちょこっと出来るかな?
しかし・・・
いつも巡回させていただいているレイアウト作者の皆さん、工作が速くて驚いてしまいます。
私、土日の工作時間全てで今回の範囲が限界でした。
この土日は各々、5時間くらい自由時間が有ったのに。(^^;;
 
毎日ちゃぶ台に向かえば、少しは進むかなぁ。(毎日は向かわないだろうな、多分。)(爆)
 
ここしばらくは・・・
歩道工作、ビルのお色直しなどが続きそうです。

スポンサーサイト

0 Comments

コメント