懐かしいコレクション:天賞堂 EF30

懐かしのコレクションシリーズ。
意外な高評ぶりで・・・
やはり、皆さん、HO(16番)と言うか、車両模型がお好きなんですね~
このブログはレイアウトのブログですが、ネタも無いことですし、シリーズ第三段。(笑)

青い機関車、赤い機関車と続きましたので・・・
今回は、銀で攻めましょう。 EF30です。

[1980年代前半頃の製品:EF30増備型]
DSC_5402.jpg

DSC_5425.jpg

先日ご紹介のEF65-500と同様、MV-8モーター搭載。年代物です。

説明書によると、最終増備の4両を模していて、増備型と銘打っているみたいです。

確か・・・
EF65やEF58が、4万円前後で販売している時代に、5万円の値を付けていました。
EF58なんかは、青大将か何かが、3万5千円くらいだたったと思う。
天賞堂で、5万円握りしめて買うとき・・・緊張しました。(笑)
他の機関車の1.5倍の値段ですからね。(^^;;

箱を見ても分かる通り、黒ラベルの「高級シリーズ」です。
私にとって、初めての黒ラベルでした。

この機関車、画像でご覧いただいた通り、作風は前時代的です。
アッサリしています。

・ワイパー無し
・窓は非はめ込み、Hゴムは塗装表現(もしかしたら、薄くエッチングで浮き出てるかも)
・エアフィルターは裏からべた貼り、板厚分凹んでいる

などなど・・・

でもね。自分は、この模型。好きなんです。
温かみのある作風。
基本がしっかり。上品な銀の色艶。

天賞堂のEF30は、この製品のもっと前の、初代製品も名作だと言われています。
自分は、初代製品は知りませんが、
1980年代に製造されたこの2代目・改良製品も、名作だと思います。

この機関車を見ると、細かいディテールだのが今の製品ほどでは無くても、
高級感・精密感ってのは十分出るんだなと、改めて思います。
これが、天賞堂模型の人気の秘訣ではないかと。
模型は、デザイン/造形のセンス・水平直角などの精度、塗装が命だなって感じます。

[温かみの有る作風、余分なディテールパーツは無し]
DSC_5416.jpg

当時は、怖いもの無しで・・・
5万円で買って来た機関車に、色挿しなどをしていました。
エアホースコックの白と、スカートステップの窪み(抜き落としでは無い)の黒は自分で塗ったものです。

当時から、近所のプラモ屋さんで賞などはもらっていて、
細かい塗装などが好きでした。

 ~ ~ ~

本棚の前で、1mくらいの往復運転をするのが大好きでした。
この機関車、現役時代は、音も無くスルスルと走る重厚な雰囲気が良かった。

久しぶりに電源を入れてみたいものです。
ギヤボックスを分解しないと、走らないかな?

走行記は、他にご紹介の車両と併せて、別の機会に・・・
次回は、EF58あたりをご紹介しようかな。

工作もそろそろ再開しないと・・・(爆)

お粗末。<(_ _)>

- - - - -

ブログリンクに参加しています♪
良い記事だと思われましたら、ポチっとしていただけると、工作気力がアップします。

にほんブログ村 鉄道模型へor にほんブログ村 レイアウト製作へブログ村:メインのリンクです(鉄道模型・レイアウト製作)

鉄道コムへ鉄道コム:サブのリンクです(笑)(鉄道模型・京浜急行)


スポンサーサイト

6 Comments

TC  

卓さん、こんにちわ。今朝は小雨が降りました。
今度は銀色の電気機関車ですか?これは実際に存在した機関車でしょうか・・・なんか面白いですね。
と言ってもこちらにも銀色(ステンレスボディ)の車両はありますから、あっても不思議では無いですよね。
それにしても卓さんHO車両たくさんお持ちですね。
HOは重厚感があって素敵だと思います。

2013/12/08 (Sun) 09:58 | REPLY |   

mitoona3  

(;゜ロ゜)

おっきい機関車がゴロゴロと・・・
Nとは違って迫力満点なんでしょうね~
黒ラベルが高級品なんてウイスキーみたいですね(笑)
写真で見ると、Nでは省いてしまう表現も的確に再現できているんですね。
おもちゃの王様ってまだあるのかな? モロ地元ネタでしたね^^;

2013/12/08 (Sun) 21:26 | REPLY |   

卓  

Re

TCさん いつもコメントありがとうございます。
> 今度は銀色の電気機関車ですか?
> これは実際に存在した機関車でしょうか・・・なんか面白いですね。
関門海峡の海底トンネル用の機関車です。
サビ対策で、ステンレスボティーになった数少ない機関車です。
独特の雰囲気がありますね。
> と言ってもこちらにも銀色(ステンレスボディ)の車両はありますから、あっても不思議では無いですよね。
映画などでも、地下鉄?の電車で、良く、目にします。
ステンレス車両の本家ですものね。
> それにしても卓さんHO車両たくさんお持ちですね。
> HOは重厚感があって素敵だと思います。
いやいや。そんなに沢山は・・・
昔買っておいた車両を、大事に楽しもうかと思っています。
なかなか、買い足すのも大変なので。(^^;;

2013/12/09 (Mon) 00:58 | REPLY |   

卓  

Re

Mitoona3さん いつもコメントありがとうございます。
> おっきい機関車がゴロゴロと・・・
> Nとは違って迫力満点なんでしょうね~
Nゲージも好きですが、機関車単体などで遊ぶには・・・
結構、迫力が有って楽しめます。
もっと大きいと言えば、
ModelsIMONさんなんかで、OJの完成品を見ると・・・
あれぐらい大きいの、一度は欲しいなぁとか思っちゃうんですけどね。
大きいと、迫力ありますね~
> 黒ラベルが高級品なんてウイスキーみたいですね(笑)
そうなんですよね。
面白いです。
天賞堂の黒ラベル、憧れでした。
最近は買わないので分からないけど、白ラベルって有るのかな...
ブラス完成品は、高級志向が多くなりましたね。
> 写真で見ると、Nでは省いてしまう表現も的確に再現できているんですね。
工芸品的な感じで、手作りの面白さを感じます。
Nゲージの方が、精密さ(機械加工の正確さ)では、意外に負けていないような感じもあります。
> おもちゃの王様ってまだあるのかな? モロ地元ネタでしたね^^;
有りますよ~
健在です。
たまーに、土日なんかに、塗料が足りなかったりするとお世話になってます。
2Fの模型売り場、午後だけオープンなんですよ。
やはり、プラモデルを作る子供が減ってるんでしょうね。。。(^^;;

2013/12/09 (Mon) 01:03 | REPLY |   

TC  

卓さん、おはようございます。
説明ありがとうございました。
先日ある踏切にひっかかりました。(南カリフォルニアは鉄道があまり多くありませんので踏切自体ありません)その線路は鉄道貨物専用で踏切で止まると、最低5分くらいは目の前を貨車が延々と通過していきます。
ディーゼル機関車2輛で海上コンテナを載せたフラットカーをたくさん引っぱってましたよ。

2013/12/09 (Mon) 05:04 | REPLY |   

卓  

Re

TCさん いつもコメントありがとうございます。
> 先日ある踏切にひっかかりました。
>(南カリフォルニアは鉄道があまり多くありませんので踏切自体ありません)
> その線路は鉄道貨物専用で踏切で止まると、最低5分くらいは目の前を貨車が延々と通過していきます。
自分は外国経験が無いのですが、良く、映画で見る光景ですね~
パッと思い出すのが、
ナイトライダー(デビッドハッセルホフが主役の、古いシリーズ)で、
踏切通過がなかなか終わらない時に、
ナイト2000がジャンプで飛び越したな~って話を思い出しました♪

2013/12/09 (Mon) 12:43 | REPLY |   

コメント