大師線モジ:トタン民家の塗装に一区切り

亀の歩みで進める大師線モジュールの建物仕上げ。

とりあえず、トタン民家の色塗りはこんなもんで区切りを付けようかと・・・キリが無いですしね。
妥協の産物ですが、一先ず塗装はおしまいです。

[トタン民家の塗装はこんな感じで]
2014191101.jpg

2014191102.jpg

2014191103.jpg

2014191104.jpg

2014191105.jpg

手順としては、
 アクリル 艶消し黒 軽く吹き付け
 アクリル 自家製こげ茶色 吹き付け:マスクして戸袋・雨どい色に
 アクリル 木甲板色 吹き付け:壁の色
 アクリル 自家製鉛丹色  吹き付け:屋根・庇の色
 アクリル ミディアムグレイ 吹き付け:土台・エアコンパイプ
 エナメル ウォッシング
 エナメル ハルレッドで錆
 パステル 粉っぽい錆
 パステル サンド色で壁を埃っぽく
 スーパークリヤー缶スプレー艶消し
 艶消しがややカブった・イマイチだったので、再ウォッシング
 屋根中心に、エナメルピンクでドライブラシ
 郵便ポスト、水道ガスメーター、換気扇色挿し
と言う感じです。

スーパークリヤーが参りました。
市販缶スプレーで、一番お気に入りの艶消し具合なんですが、今回はどうにもこうにも・・・
カブる&カブる割には微妙に艶が出るはで踏んだり蹴ったり。

再ウォッシング等でなんとか誤魔化しました。
前回の投稿通り、木甲板色のマスキングテープ跡も残って四苦八苦したり、終始ボロ隠しに苦戦しました。

完全艶消しを狙ったのに、艶が残っていて気に入らん気もしますが、
トタン独特の金属感とも思えるので及第点と言うことに。
泥沼にはまりそうなので、ほどほどにしておきます。

おっと・・・
まだ、透明プラパーツの玄関扉・勝手口を塗ってませんでした。

[まだ塗り残しパーツが(^^;;]
2014191106.jpg

こんな細かい格子戸、どうやってマスクするんだろ・・・肩が凝りそう。(^^;;

とりあえず、この建物は後少しですね。
また、チマチマと進めて行きます。

小ネタで恐縮です。お粗末。<(_ _)>

- - - - -

ブログリンクに参加しています♪
良い記事だと思われましたら、ポチっとしていただけると、工作気力がアップします。

にほんブログ村 鉄道模型へor にほんブログ村 レイアウト製作へブログ村:鉄道模型・レイアウト製作

鉄道コムへ鉄道コム:鉄道模型・京浜急行


スポンサーサイト

2 Comments

凡人オヤマダ  

前回書こうと思ったのですが

ストラクチャーのリペイントがいい色合いになってきたなあと思います。今回のトタン民家はもちろんのこと3階建て住宅も含めらしい色調になってきたかなあと感じています。
しかしエイジングで使った塗料リストを読んでみますとすごいですねえ。ストラクチャーの塗装は結構手が掛かるものだなと痛感します。
クリアコートについては本当に怖いですね。特にこの頃いきなり天候が崩れ豪雨という調子ですので白被りが起きやすいです。

2014/09/11 (Thu) 11:57 | EDIT | REPLY |   

卓  

Re

凡人オヤマダさん いつもコメントありがとうございます!!
> ストラクチャーのリペイントがいい色合いになってきたなあと思います。
ありがとうございます!!
不満はまだまだ有りますが、自分でも、JAM出展時よりは数段良くなっているように感じます。
> しかしエイジングで使った塗料リストを読んでみますとすごいですねえ。
> ストラクチャーの塗装は結構手が掛かるものだなと痛感します。
塗装は奥が深いですね~
自分の中では、塗装は、模型工作の中の比重で半分は締めていると思います。
人形は顔が命。模型は塗装が命。
HOの高価なブラス完成品でも、塗装が大味だと勿体ないなぁと感じます。
フクシマ模型やムサシノモデルは、この辺が流石だなぁといつも感じています。
塗装は奥が深くて、模型工作の醍醐味を感じますね。
失敗もしちゃうけど、一番面白い工程だと思います。
> クリアコートについては本当に怖いですね。
> 特にこの頃いきなり天候が崩れ豪雨という調子ですので白被りが起きやすいです。
自分、クリアコートが苦手なんです。
と言う事もあって・・・
新しい塗料を仕入れました。
ガイアカラーの「Exフラットクリアー」と言うものです。
瓶入りで400円くらい(値引き後)しましたので、値段に見合った仕上がりになるのでは?と期待しています。
やはり、クリアーもエアブラシで拭かないと駄目そうですね。
Mrスーパークリアー艶消し缶、気に入ってたんだけどなぁ。
成功率が低いのが難点。吹き方がまだまだなんですかね。(^^;;

2014/09/11 (Thu) 21:53 | REPLY |   

コメント