(続)懐かしい書籍:私の原点「コンパクトでチャーミングな郊外電車のレイアウト」

前回の投稿、私の原点「沢渡鉄道」は思いのほか反響が有りました。
そこで続編を...

押入線について以前からご覧いただいている各位はご存じかもしれませんが、
沢渡鉄道と同様、もう1冊、私に影響を与えた作品・掲載書籍があります。

[コンパクトでチャーミングな郊外電車のレイアウト]
2015012401.jpg

[ホビーテクニック Nゲージ鉄道模型]
2015012402.jpg

題名からしてイイですよね。
コンパクトでチャーミングな郊外電車のレイアウト。

前述の沢渡鉄道が、押入レイアウトというアイデアを私に教えてくれたとすれば、
この郊外レイアウトは、私鉄駅前の街並み作りに惹かれるきっかけをくれた作品です。

[郊外レイアウトの画像...似てませんか?]
2015012405.jpg

2015012404.jpg

2015012403.jpg

小さいベースボードに、少し斜に構えたエンドレス。
レイアウト奥に向かって進む並木通り。
一番手前に留置線。

三つ子の魂百まで...等々と言いますが、
私は、小学6年の時に見たこの二つのレイアウトを、ずっと心に残している気がします。
押入線は、このレイアウトを、沢渡鉄道の山で囲んだ様な構成です。

先日の、マックのマドラーで看板。の投稿もしかりですが、温故知新。
子供の頃に読んだ模型誌を改めて眺めると、子供の頃に戻れる様な気がします。

これからも、しばしば、この二冊は手元に置いて、眺めることにいたしましょう。

40歳を過ぎても、ずっと楽しめる趣味を提供してくれたこの2冊に感謝しつつ、
懐かしい思い出に浸りながら運転する押入線は格別です。v(*^-^*)v

今宵の運転のお供は、最近気に入っているサングリア(フレーバーワイン)で。
この分だと...今日もほろ酔いで、工作は進みそうにありません。

お粗末。<(_ _)>

- - - - -

ブログリンクに参加しています♪
良い記事だと思われましたら、ポチっとしていただけると、工作気力がアップします。

にほんブログ村 鉄道模型へor にほんブログ村 レイアウト製作へブログ村:鉄道模型・レイアウト製作

鉄道コムへ鉄道コム:鉄道模型・京浜急行


スポンサーサイト

4 Comments

ボシ  

サングリアを点滴して下さいww

おはようございます。
卓さんの押入線レイアウトは、
前回…紹介されたレイアウトと、今回のチャーミングがミックスされた感じなんですね‼︎
そこに『赤い電車への愛』が、加わった訳ですね♪(´ε` )
チョビっと卓さんの本文から脱線しますがσ(^_^;)
ボシが小型レイアウトで(現在製作中で気付いた事ですが)悩んだのは、
メイン側から見て、反対側の線路を見えなく、又は違う線路の様に(遠い線路)に見せるかが、奥行き制限のミニレイアウトの最大の難しい所なのかな…
なんて思います。
ボシはアホみたいな標高の山で隠しましたけどww
このチャーミングさんもレイアウト左側の線路をあえて見せない事で(心理的には、ずっと電車が見えてたい)景色のチェンジが行われてるのかなぁ〜なんて、思いました(^-^)
そう、考えると…
押入線は、両サイドを山で覆い…
メインストリートの先を踏切として、奥行き感のあるレイアウトになってるんだなぁと、納得しました。
(今更か〜ぃ(つД`)ノー ー;))
サングリア……。
ボシのアルコール解禁日は、歩ける様になってからです……(T ^ T)

2015/01/25 (Sun) 07:50 | REPLY |   

卓  

Re

ボシさん いつもコメントありがとうございます!!
> おはようございます。
入院生活いかがです?

> 卓さんの押入線レイアウトは、
> 前回…紹介されたレイアウトと、今回のチャーミングがミックスされた感じなんですね‼︎
> そこに『赤い電車への愛』が、加わった訳ですね♪(´ε` )
そうそう。その通り。おっしゃる通りです。
30年、頭の中で熟成させたので...
イイ感じにナチュラルにミックスされたと思います。(笑)
> チョビっと卓さんの本文から脱線しますがσ(^_^;)
> ボシが小型レイアウトで(現在製作中で気付いた事ですが)悩んだのは、
> メイン側から見て、反対側の線路を見えなく、又は違う線路の様に(遠い線路)に見せるかが、
> 奥行き制限のミニレイアウトの最大の難しい所なのかな…
> なんて思います。
> ボシはアホみたいな標高の山で隠しましたけどww
全くもってその通り!!
押入線企画段階では、
もっと左右の山をデカクしようかなぁ...とか、
でも、向こう側の電車が全く見えないのは惜しいなぁ...とか、
迷いに迷いました。
ミニレイアウト、ミニだからって言って、一周全部線路を見せちゃうと、
おもちゃっぽい、もっとミニな感じになると思います。
ミニだから、電車を隠さず見たいけど、でも、隠す。
その方が、実際の土地を一部切り取った様な感じがして、返って想像が働くものです。
> このチャーミングさんもレイアウト左側の線路をあえて見せない事で
> (心理的には、ずっと電車が見えてたい)景色のチェンジが行われてるのかなぁ〜なんて、思いました(^-^)
ですよね~
その通りだと思います。
このチャーミングレイアウトは、入門書の作例ながら、凄く色々と考えられてると思います。
テーマも私鉄に絞ってるし、
情景も、家々・街並みを重視して、一部の線路は高台で隠したり。
沢渡鉄道と言い、このレイアウトと言い、小学生には刺激が強いレイアウトでした。(笑)
> そう、考えると…
> 押入線は、両サイドを山で覆い…
> メインストリートの先を踏切として、奥行き感のあるレイアウトになってるんだなぁと、納得しました。
> (今更か〜ぃ(つД`)ノー ー;))
いやー。ありがとうございます。嬉しいなぁ。
Nマガジンの時に、編集H様から
・背景側の写真が一切無いけれど、押入前側から見ると割り切ったレイアウトなんだね
と言うメールをいただきました。
そうなんです。
バックストレートは基本的には舞台裏。
踏切はチラりズム。見えそうで見えない。
駅前の二つの大きいビルで、山の無い部分も隠す。ビルの隙間から電車が一瞬見えるか見えないか...
そんな楽しみ方をするレイアウトです。 
ボシさんのレイアウトも、背景の山が、きっと、想像を高めてくれると思います。
なんたって、ボシさん、武蔵野の情景を作る巨匠ですからね~
んー。完成後が早く見てみたい。

> サングリア……。
>
> ボシのアルコール解禁日は、歩ける様になってからです……(T ^ T)
血液の70%が酒のボシさんが、呑めないなんて・・・
もしかして、健康になっちゃうんじゃないの? (^^;;

2015/01/25 (Sun) 10:28 | REPLY |   

さっちん  

こんばんは。

お疲れ様です。
京急押入線の原点を垣間見ました。
ブログの開設当初に紹介されていた書籍ですよね。
私も会社の先輩に昔のNマガジンや古い書籍をいくつか頂いたんですが、今読んでも納得の記事がたくさんありますよね。
温故知新、諸先輩方のアイデアに脱帽です。

2015/01/25 (Sun) 21:40 | REPLY |   

卓  

Re

さっちんさん いつもコメントありがとうございます!!
> 京急押入線の原点を垣間見ました。
> ブログの開設当初に紹介されていた書籍ですよね。
過去ログまでご覧いただいてありがとうございます!!
おっしゃる通り、第一回ブログに掲載、それ以降、n周年等の度に掲載している書籍です。
この二冊は、本当に、私の原点ですね。
> 私も会社の先輩に昔のNマガジンや古い書籍をいくつか頂いたんですが、
> 今読んでも納得の記事がたくさんありますよね。
> 温故知新、諸先輩方のアイデアに脱帽です。
私達が子供の頃の書籍。
製品が今ほど豊富で無かったからかもしれませんが、アイデア勝負な記事が多かった様に思います。
製品紹介だと・・・、何年か経って、新製品が出れば陳腐化します。
でも、アイデアは何年経っても変わりませんから、今読んでも面白いですよね。
今はネット全盛で、紙媒体を読む機会が少し減りつつありますが、
こうして、以前の書籍などを読むと、紙媒体の面白さを改めて感じます。

2015/01/25 (Sun) 23:12 | REPLY |   

コメント