大きい1000形:板金開始

カツミ製1000形再生作戦の続きです。
金属工作に四苦八苦しつつ、気に入らない歪みを修正すべく、板金に励んでいます。(^^;;

全面塗装を剥がすのではなく、
パテ替わり(サーフェーサー替わり)に塗装は残し、修正部だけ剥がしつつ進めます。
工作途中の様子、本物の板金修理みたいね。(^^;;

[曲がった雨どいなんか嫌いだー、ハンダ外しの図]
2015032401.jpg

雨どいの直線が出ていないので...
部分修正しようと思いましたが、金属初心者に部分補修は難し過ぎます。
思い切って、一度取っ払ってしまいましょう。

[雨どい剥がしのキッカケ作り]
2015032402.jpg

キサゲ刷毛で一部塗装を剥いで、フラックスを垂らし、コテをジュっと。
部分的に剥がれたら、目打ちで持ち上げて、カットします。
ここが全体を剥がす切っ掛けになります。

後は、コテを隙間に挿し進めれば...メロメロと塗装と共に剥がれます。(^^;;
この後、キサゲ刷毛とペーパーでお肌を仕上げ。

この工法を編み出すまでに、30分以上悩みました。
なんでも、初の試みは難しいものです。

さて、再生する雨どいですが、外した雨どいが、丸線か角線か判別困難。(^^;;
丸線では無いっぽいので...0.5mm角線にしようかと思います。
カツミオリジナルの雨樋、丸線か角線か、ご存じでしたらお教えください。

[屋根配管は、製品の半田コブ取り・曲げ直しで仕上げ]
2015032403.jpg

2015032404.jpg

全面やり直しも考えましたが、
せっかく、高価な完成品で出来ている部分を全部剥がすのも忍びない。
可能な限り、ヤットコ等で矯正。
余計なハンダをキサゲ・キサゲ刷毛で除去して仕上げてみました。

パンタの下に隠れる部分、団子ハンダで直付けですね。
隠れるからそのままでイイかなぁ。
悩みます。

[車体歪みの板金]
2015032405.jpg

妻面の接続部が「へ」の字に曲がり気味と言うのは、以前の投稿通り。
ちょっと乱暴ですが、ヤットコでエイっと側板を摘まんで曲げます。
表面は、厚い塗膜をパテ代わりに磨いて、ほぼ平面が出ました。

厚い塗装は、柚子肌ですのでペーパーキットよろしく磨いています。
まだまだですね。
部分的に、シンナーで塗膜を落とした方が良いかもしれません。

[ドア下の歪み矯正]
2015032406.jpg

ドア数枚が歪んで半田付けされており、ドア下の片が直線になっていません。
ヤットコで矯正&半田コテを押し当てて直線を出しました。
ヤスって表面を調整しています。

[妻面ステップは課題]
2015032408.jpg

2015032407.jpg

上写真は、上部ステップの歪みをヤットコ・ピンセットで矯正したもの。
下写真は、逆さに着いていたので外したもの。外す時に壊れました。再利用不可。(^^;;
んー、ステップが足りなくなりました。

ばら売り無いよなぁ。全部付け替え?
一つ、手作り?(爆)

先日、割りピン類と一緒に、前面妻用に入手した丸ステップを流用するか。
或いは...
ローマ字P形のステップって、マッハ製が有るみたいですが、あんま売ってないんですよね。
困ったなぁ。

 ~ ~ ~

課題山積。初心者の手習いには難しいものがります。
逆に言うと、ジックリ楽しめるということか。(^^;;

時間も掛かりそうですから、ほどほどにしてモジュール工作にも戻らないといけないですね。
練習がてら、雨樋の取り付けは早々にやってみようかなぁ。

この先どうなりますことやら。
お粗末。<(_ _)>

[おまけ・押入本線メイキング動画]

- - - - -

ブログリンクに参加しています♪
良い記事だと思われましたら、ポチっとしていただけると、工作気力がアップします。

にほんブログ村 鉄道模型へor にほんブログ村 レイアウト製作へブログ村:鉄道模型・レイアウト製作

鉄道コムへ鉄道コム:鉄道模型・京浜急行


スポンサーサイト

8 Comments

ボシ  

おおぉ‼︎
クルマの板金塗装まんまですねσ(^_^;)
卓さんスゲー‼︎‼︎‼︎‼︎
しかも…
この細かさσ(^_^;)
いゃ〜ホントに凄いです。
週末が楽しみです♪(´ε` )

2015/03/24 (Tue) 12:54 | REPLY |   

しるねこ  

完成品は素材

と思った方がいいかもしれませんね。特に老舗の2社w
ある程度のひとが満足して、通には痛な模型ww
うちもしばしば買ってすぐに塗り直すことがあります。
でもキット買ってパーツ買い集めていくよりずっと楽。
しかも細部に拘るならそこだけ作れるというオイシイ工作
にできますから....(^^;
これからのご展開を楽しみにしております!!

2015/03/24 (Tue) 13:09 | REPLY |   

卓  

Re

ボシさん いつもコメントありがとうございます!!
> おおぉ‼︎
> クルマの板金塗装まんまですねσ(^_^;)
> 卓さんスゲー‼︎‼︎‼︎‼︎
いやいや。まだまだ四苦八苦で・・・お恥ずかしい限り。
塗装後に、どう仕上がるかが勝負ですね。
まだ、気を抜けません。(^^;;
試しに、単色で下塗りくらいしたいところです。
> しかも…
> この細かさσ(^_^;)
> いゃ〜ホントに凄いです。
> 週末が楽しみです♪(´ε` )
あんま細かく無いんすよ。マジで。まぁ、見てやって下さい。

2015/03/24 (Tue) 21:23 | REPLY |   

卓  

Re

しるねこさん コメントありがとうございます!!
> と思った方がいいかもしれませんね。特に老舗の2社w
> ある程度のひとが満足して、通には痛な模型ww
しるねこさんのブログ、いつも拝見して感心するばかり。
見事な金属工作ですね。
先日の1000形の競作も(完成後に悲劇が有った様ですが...)、羨ましく拝見していました。
おっしゃる通り、ちょっと大味な製品に思います。
大きい模型=高級・精密・繊細、だとイメージすると、拍子抜けするような。(^^;;
最近出回っている、U-TRAINSとがでんてつ工房が繊細なので、尚更そんな感じがします。
お値段が違いますがね。(^^;;
> うちもしばしば買ってすぐに塗り直すことがあります。
> でもキット買ってパーツ買い集めていくよりずっと楽。
> しかも細部に拘るならそこだけ作れるというオイシイ工作
> にできますから....(^^;
面白い表現ですね。
確かに、完成品=ある程度作ってある素材って考えると楽しめそうです。
過度な期待をしない方が、精神衛生上も良さそうです。(笑)
私は今回、ありがたいことに非常に安価に譲っていただいたので、
正に「キット以下の価格で半完成品を手に入れた」様なイメージです。(笑)

> これからのご展開を楽しみにしております!!
ありがとうございます。
しるねこさんの域に近づけるように頑張りたいと思います!!

2015/03/24 (Tue) 21:31 | REPLY |   

さっちん  

こんばんは。

お疲れ様です。
実物の板金塗装作業と見間違うくらいの光景にビックリ。
金属工作の奥深さに身も引き締まる思いでございます。
そうそう、モジュールの方、どうなったか気になってたんです。
そちらの方も乞うご期待ですね。

2015/03/24 (Tue) 21:41 | REPLY |   

卓  

Re

さっちんさん いつもコメントありがとうございます!!
> 実物の板金塗装作業と見間違うくらいの光景にビックリ。
> 金属工作の奥深さに身も引き締まる思いでございます。
いやいや。お恥ずかしい限り。金属工作初心者です。
本来なら・・・
シンナードボンで綺麗サッパリした方が良いのかもしれません。
素人故の、こんなやり方です。(^^;;
> そうそう、モジュールの方、どうなったか気になってたんです。
> そちらの方も乞うご期待ですね。
一先ず、大師線モジュールを少しばかりグレードアップしなきゃなって思ってます。
5月の静岡トレインフェスタで展示しますので。
八ツ山は・・・先送り中です。(^^;;

2015/03/25 (Wed) 21:44 | REPLY |   

danmont  

こんばんは♪

卓さんこんばんは。
いや~お疲れ様です!
手探りの作業とは思えません!。
写真だけを見ると順調な進捗にも見えますが、文字も併せて見るとご苦労されている様が容易に目に浮かびます(^^;
しかしこうなってくると金属ならではと申しましょうか、もう本物の電車と同じ様な工程なんですね。(鉄道会社の工場見学で見た整備中の車両とほぼ同じ状態(驚))
私も今試行錯誤しながら新たな試み(5200系)に挑戦しているのですが、一歩進んでは挫折…そして立ち上がるの繰り返し(笑)
レベルの違いは天と地ほどあれど、誠に僭越ながらとても共感させていただきながら拝見いたしましたf(^^;
>逆に言うと、ジックリ楽しめるということか。(^^;;
この最後の行が凄いですっ!
「ピンチはチャンス」と受け取らせていただきました!
この卓さんPhilosophyを胸に、私もここ最近止まっていた手を動かすことにします♪

2015/03/25 (Wed) 21:53 | EDIT | REPLY |   

卓  

Re

danmontさん いつもコメントありがとうございます!!
> 手探りの作業とは思えません!。
> 写真だけを見ると順調な進捗にも見えますが、
> 文字も併せて見るとご苦労されている様が容易に目に浮かびます(^^;
いやぁ。ありがとうございます。
順調なのはブログだけ?で、手探りまくりです。(笑)
> しかしこうなってくると金属ならではと申しましょうか、もう本物の電車と同じ様な工程なんですね。
> (鉄道会社の工場見学で見た整備中の車両とほぼ同じ状態(驚))
板金の様子を見ると、ホント、工場みたいですよね。
我ながら、途中経過が面白いです。(笑)
で...まず塗装。
ブラス完成品って、恐らく、焼き付け塗装していると思います。
剥がれて欲しくない角なんかは剥げてるけど、
剥がしたい時には...意外と頑丈で剥がれません。(^^;;
と言うことで...
どうせ剥がれにくいなら、パテ替わりに塗膜を使ってやろうというのが今回の作戦です。
この半端な塗装剥がれが、板金感を醸し出しているのかもしれません。
一両目はこの方式で進めますが、
もしかしたら、次の車両は、シンナードボンに変更するかもしれません。
悩ましいですね~
> 私も今試行錯誤しながら新たな試み(5200系)に挑戦しているのですが、
> 一歩進んでは挫折…そして立ち上がるの繰り返し(笑)
5200系、拝見してます。
ボディ形状の修正やエアコンなど、新機軸がお有りなんですね。
阪急は、艶やかな塗装で、仕上げで誤魔化しが効きませんし、
大変さが分かるような気がします。
danmontの阪急、とっても良い仕上がりですから、この作品も楽しみです。
> レベルの違いは天と地ほどあれど、
> 誠に僭越ながらとても共感させていただきながら拝見いたしましたf(^^;
私、電車工作ダメダメですなー
 天:danmontさん
 地:私
って感じです。(笑)
今までレイアウト中心の工作でしたから、
danmontさん始め、車両派の皆さまのブログ、私も共感しつつ拝見しています。
> > 逆に言うと、ジックリ楽しめるということか。(^^;;
>
> この最後の行が凄いですっ!
> 「ピンチはチャンス」と受け取らせていただきました!
> この卓さんPhilosophyを胸に、私もここ最近止まっていた手を動かすことにします♪
いやいや恐縮です。
良く、模型誌などで「完成までに数年」と言う車両が紹介されていますが、
分かるような気がしてきました。
補機類(エアコン、床下)なども考えると、長丁場ですね。
楽しまずにはやっていられません。(笑)
苦労も多いけど、手を動かすのが好きな模型趣味ですから、
それもまた楽しい...と言う感じでしょうか。
塗装が綺麗に決まったら、一杯やりたいものだと思っています。

2015/03/26 (Thu) 12:41 | REPLY |   

コメント