右手トンネルの内壁を作る(3.ウェザリング)

ウィークエンドモデラー。日曜日編です。(^^;;
昨日基本塗装したトンネル内壁に、ウェザリングを施してみました。

[トンネル内壁のウェザリング]
2016030701.jpg

この辺の工程になってくると、匂いの穏やかなエナメル塗料と扱いやすい筆がメイン。
グっと気楽に作業することができて、私はこの時間が大好きです。
私はAFVモデルとかも趣向にあってるのかもしれないな~(^^;;

久しぶりのジオラマ系ウェザリング。
勝手を忘れてしまってややオーバー気味ですが、暗いトンネル内なんで味は濃いめ(爆)でも許されるでしょう。
100点満点で、60点と言うところでしょうか?

右手・凸カーブの壁中心に見える派手なひび割れは、本物のひび割れ。(爆)
エナメルウォッシングでプラが侵され、ひび割れました。やはりエナメルは怖いですね~
こう言った様に、湾曲加工などでプラに力が入っている場合に、影響が出る様です。

世間で流行りのジッポオイルによる希釈などを試した方が良いのかもしれません。
油絵のぺトロールも、失敗するとプラが溶けますしね。難しいなぁ~
一先ず、裏面から瞬着で補強しておきましたが、これ以上崩壊しないと良いなぁ。(^^;;

この後は、ご参考まで塗装風景を。

[まずはウォッシング]
2016030702.jpg

2016030704.jpg

自家調合のドドメ色(爆)・こげ茶をドバっと塗ります。
その名の通り「ウォッシュ」する様に。
やり過ぎると、前述の様にプラが脆くなるんですがね。
隅に液が溜まるので、墨入れ効果も発揮して一石二鳥です。(^^;;

画像二枚目は、多すぎた塗料を平筆で重力方法に拭って乾燥させた後の図。
平筆の方向で、雨だれの様相になります。

[塗料の調合は紙パレットで]
2016030705.jpg

Nゲージマガジン62号にも記載させていただきましたが、これ、便利です。
本来は油絵用なのかな?
パレット表面で色々と混ぜて塗って、最後は一枚めくってポイ。使いやすいです。

[色レシピ]
2016030706.jpg

ハルレッド・クリアーオレンジは、鉄筋コンクリの鉄筋から滲み出た錆に好適です。
クリアーオレンジには、フラットベースを添加して使っています。

水抜き穴からの水垂れは、古いコンクリという事もあってデッキタンで。
RMM誌の旧号で、
新しいコンクリは黒系の水垂れ、古いコンクリはグレー系の水垂れ...と言う記事を読んだ記憶があります。

フラットブラウンで錆アクセントを、黒で水垢アクセントを足しておしまいです。
をっと、最後に、配管にはタン・バフで軽くドライブラシしています。

以上、あまりご参考にはならないかもしれませんが。
素人の自己流です。

さて、続きはプチ電飾の後に、レイアウトに設置と洒落込みたいですね。
先行きが楽しみになってきました。

小ネタで失礼しました。
お粗末。<(_ _)>

[おまけ・押入線メイキング動画]

- - - - -

ブログリンクに参加しています♪
良い記事だと思われましたら、ポチっとしていただけると、工作気力がアップします。

にほんブログ村 鉄道模型へor にほんブログ村 レイアウト製作へブログ村:鉄道模型・レイアウト製作

鉄道コムへ鉄道コム:鉄道模型・京浜急行


スポンサーサイト

8 Comments

凡人オヤマダ  

渋い・・・・・

一気に重みを感じる内壁になってきたなと感じます。排水口から滴り落ちた石灰痕やら、錆や埃が付着した壁面がいいです。
塗料の溶剤が侵食してプラ板にひび割れを作ってしまうという問題はモデラーにとって難しい問題だなと自分も思っています。実は自分も昨日切り継ぎした車輛の一部がひび割れしました。
塗装というものはプラスチックの地肌を侵食し傷めて食い込ませてやっているから塗膜が剥がれないというものですからね。工作という行動全てがトレードオフ関係になっています。
効果と侵襲のバランスのとり方はなかなか難しい問題で悩まされがちです。

2016/03/07 (Mon) 10:23 | EDIT | REPLY |   

卓  

Re

凡人オヤマダさん いつもコメントありがとうございます!!
> 一気に重みを感じる内壁になってきたなと感じます。
> 排水口から滴り落ちた石灰痕やら、錆や埃が付着した壁面がいいです。
ありがとうございます。
排水溝からの白っぽい雨だれは石灰分が溶け出しているのですね。
同じ水だれでも、白と黒で表現に差がつけられるのが、面白いものです。
> 塗料の溶剤が侵食してプラ板にひび割れを作ってしまうという問題はモデラーにとって難しい問題
おっしゃる通り。
プラモデル界をもっと習って、各種塗料を試してみたいと思っています。
手元に、シタデルカラーがあってたまーに使っていますが、
最近は、ファレフォが気になっています。
> 塗装というものはプラスチックの地肌を侵食し傷めて食い込ませてやっているから
> 塗膜が剥がれないというものですからね。
上手く使えば...
剥げやすい材質には、金属用の強力なラッカーでわざと浸食させるなども、有用なのでしょう。
(先日、常悦線を訪問した際に、そんな会話で盛り上がりました)
素材・塗料、奥が深い世界です。

2016/03/07 (Mon) 12:42 | REPLY |   

がおう☆  

観察眼

こんばんわです。
昨日の分も遡って一気に読ませていただきました。
入口と奥に向かっての明るさ、色合いの差を下地からの段階で付けておくというのは、非常にわかりやすく良い方法だなぁーと思いました。
こういうウェザリングは、今後に実際にやっていく分野になるんですが、本当に勉強になります(^^♪
筆に替えられてからの作業も、出来上がりの状態も溜め息の連続です(笑)
こんな色をこんな風に表現されるのがスゴイと、只々単純表現でしか表せません。
自己流…と言われますが、卓さん流派は色んな刺激を私に与えてくれます。

2016/03/07 (Mon) 19:08 | REPLY |   

EH樂太郎  

メモメモ・・・。

こんばんは。
色レシピの公表は参考になりますね。
恥ずかしながら私の車両ウェザリングは基本3色で全て賄ってます(爆)
要するにテキトー男ですwww

2016/03/07 (Mon) 22:51 | EDIT | REPLY |   

卓  

Re

がおう☆さん いつもコメントありがとうございます!!
> 昨日の分も遡って一気に読ませていただきました。
ありがとうございます。<(_ _)>
> 入口と奥に向かっての明るさ、色合いの差を下地からの段階で付けておくというのは、
> 非常にわかりやすく良い方法だなぁーと思いました。
舞台の王道具と言うか、遊園地のアトラクションと言うか...
陰色で、陰影をオーバー目に表現してやろうと思っています。
> こういうウェザリングは、今後に実際にやっていく分野になるんですが、本当に勉強になります(^^♪
> 筆に替えられてからの作業も、出来上がりの状態も溜め息の連続です(笑)
> こんな色をこんな風に表現されるのがスゴイと、只々単純表現でしか表せません。
> 自己流…と言われますが、卓さん流派は色んな刺激を私に与えてくれます。
ありがとうございます。褒め過ぎです。(笑)
ある程度エアブラシで下塗りをしますが、最後はやはり筆だなぁと感じています。
塗ると言うよりも、描き込むと言うイメージで進めています。
正に化粧、そんな印象をもっています。

2016/03/08 (Tue) 00:44 | REPLY |   

卓  

Re

EH樂太郎さん いつもコメントありがとうございます!!
> 色レシピの公表は参考になりますね。
> 恥ずかしながら私の車両ウェザリングは基本3色で全て賄ってます(爆)
>
> 要するにテキトー男ですwww
3色であの仕上がりってのは凄いですね~。職人とお呼びします。
そう言えば、私の尊敬する松本州平先生は、
若い頃、原色のプラカラーのみでプロモデラーを始められたそうです。
もしかすると、EH樂太郎さんはその域に達しているのかもしれません。(笑)

2016/03/08 (Tue) 00:46 | REPLY |   

拓  

良い汚れっぷりですね~

こんばんは~
トンネルに入れちゃうのがもったいないくらい良い汚れっぷりですね~w
あ、それで電飾で見せちゃうと!チラ見せ感がイイですw
エナメルでのウォッシング、気をつけないとプラがボロボロになりますよね。
接着したところも完全に乾いてないと取れちゃうし・・・。
エナメルのにじみ具合が好きなんですが、困りものです。

2016/03/08 (Tue) 20:57 | REPLY |   

卓  

Re

拓さん いつもコメントありがとうございます!!
> トンネルに入れちゃうのがもったいないくらい良い汚れっぷりですね~w
> あ、それで電飾で見せちゃうと!チラ見せ感がイイですw
ありがとうございます。
見えそうで見えない。けど見える。で、魅力倍増計画。(爆)
> エナメルでのウォッシング、気をつけないとプラがボロボロになりますよね。
> 接着したところも完全に乾いてないと取れちゃうし・・・。
> エナメルのにじみ具合が好きなんですが、困りものです。
難しいですよね。
やっぱ、力・弾力が加わる部分は、水性のシタデルカラーとかにした方が良いかなと思い始めました。
ファレフォカラーも興味深々です。

2016/03/09 (Wed) 12:41 | REPLY |   

コメント