宮下洋一さん作品展 at さかつうギャラリー(前編)

鉄道模型・情景派の憧れ、宮下洋一さんの地鉄電車の世界。
私もご多分に漏れず、RMM別冊「地鉄電車慕情」を大切に持っています。

なんと、現物、特に、あの有名な「田島駅」を拝見するチャンスがあるとのこと。
東京巣鴨「さかつうギャラリー」で催されている作品展に立ち寄って来ました。

[中越地方鉄道 田島駅]
2016040700.jpg
2016040701.jpg

地鉄電車の世界。
レイアウトサイズが小さいと思っていましたが、田島駅は1200*600と、やや大きめ。
なるほど、過去の記事発表では、分割で少しづつ増設されて来たのですね。
非常に見応えがありました。

[このシーンに脳天打ち砕かれました]
2016040702.jpg

すげー。
どれだけ覗いても見飽きないミニシーンの数々。落ち着いたトーン。
覗き込む視線の奥の情景。イイですね~

[機関庫に溢れる生活感]
2016040703.jpg

手前の電車、ストラクチャーとして割り切っておられるのでしょう。
前面に塗装補修の跡があります。
生活感溢れる小物の数々。

[可憐な地方私鉄の線路]
2016040704.jpg

ハンドスパイクされた細いレールは可憐そのもの。
バラストの粒サイズが意外なほど小さいのに驚きました。
地方私鉄の、ひ弱な線路を表現されているのかもしれません。

[旅館の内装に驚き...]
2016040705.jpg

障子・畳...
いやはや、なんとも。

[ドアを開け、客が満載の電車が面白い]
2016040706.jpg

[一枚一枚貼られたドブ(側溝)の蓋、揺らめく暖簾が面白い]
2016040707.jpg

[緩やかなカーブの併用軌道]
2016040708.jpg

まるで、自分が路地に立ったかの様な錯覚を覚えます。

[機関庫脇のジャンクパーツが...]
2016040709.jpg

いやはや、良い刺激になりました。
以前から、模型誌で食い入るように拝見していた作品ですが、
肉眼で見ると、誌面とは異なった印象もありました。

・誌面の写真ではセピア調(地方私鉄のくたびれ感)・埃っぽい世界を感じるが
 肉眼では、もっと「きれい」な印象を受ける
 ウェザリングなども「きれいな化粧」として感じる

・誇張すべきは誇張し、さりげない部分はさりげないメリハリを感じる
 例えば、上述通り、線路はより細く、
 側溝などは、あえて大きめ・隙間を開けている

・小物、ミニシーンの演出が存在感大
 etc...

この、綺麗 且つ 汚い(笑)のバランスが、流石巨匠だなぁと思った次第です。
アクセサリーのごちゃごちゃ感も、見事に狙って、良い塩梅になっておられます。

 ~ ~ ~

振り返って、当方の押入線。
「きれいに」作る面では、一定の芸風を確立しつつあるように思いますが、
「誇張」「ごちゃごちゃ感」がまだまだ足りない様に感じました。

秀作を見ると、新たなインスピレーションが浮かびます。
押入線のグレードアップテーマを見つけたような気がして、嬉しくなる発見の一時でした。

さて・・・
画像、まだまだ撮り貯めましたので、田島駅以外の作品も後編でご紹介したいと思います。

To Be Continued......

[おまけ・押入線メイキング動画]

- - - - -

ブログリンクに参加しています♪
良い記事だと思われましたら、ポチっとしていただけると、工作気力がアップします。

にほんブログ村 鉄道模型へor にほんブログ村 レイアウト製作へブログ村:鉄道模型・レイアウト製作

鉄道コムへ鉄道コム:鉄道模型・京浜急行


スポンサーサイト

4 Comments

がおう☆  

憧れ

こんばんわです。
ホントにすばらしいレイアウトです(^^♪
私も"地鉄電車慕情”初版で買いましたね。
何気に引っ張り出して、良く見返しています(笑)
照明や印刷の具合でしょうか?紙面と見た目と少し違うのは?
実際に肉眼で見られたとは羨ましい限りです(^-^;
卓さんが今回掲載されている写真も明るめに見えます。
エイジングがあまりきつ過ぎず、あっさりと表現されているのでしょうか。
いずれにしても、それがサラッと出来るところが、凄いところです。
頂きは高くとも、目指したい!
そんな気持ちにさせてくれますね(^-^;

2016/04/07 (Thu) 19:00 | REPLY |   

た625  

明るいですね。

こんばんは
明るい色遣いが良いですね。
とっても参考になります。
是非とも、夏休みまで展示しておいて欲しいです(^^;)

2016/04/07 (Thu) 23:29 | EDIT | REPLY |   

卓  

Re

た625さん いつもコメントありがとうございます!!
> 明るい色遣いが良いですね。
> とっても参考になります。
はい。思っていたよりずっと明るい色調なのが印象に残りました。
すっきりと美しいウェザリング、目指したいものです。

> 是非とも、夏休みまで展示しておいて欲しいです(^^;)
あらら.....
あと10日くらいだったかな。
是非、FCの仕上げ慣らしがてらいらしてください。(爆)

2016/04/07 (Thu) 23:36 | REPLY |   

卓  

Re

がおう☆さん いつもコメントありがとうございます!!
> ホントにすばらしいレイアウトです(^^♪
> 私も"地鉄電車慕情”初版で買いましたね。
私も初版なんですよ。
それまで、宮下洋一さんのお名前を存じ上げなかったのですが...
書店で見て、おったまげたことを思い出します。(笑)
増刷分だと、追加記事があるみたいなんですよね。
買い足そうかなぁ。(^^;;
> 照明や印刷の具合でしょうか?紙面と見た目と少し違うのは?
> 実際に肉眼で見られたとは羨ましい限りです(^-^;
> 卓さんが今回掲載されている写真も明るめに見えます。
そう。そうなんです。
誌面の方が、もっと、こう、セピア調と言うか、昔懐かしい感じで、
現物は、すっきり明るい感じがしました。
面白いものですね。
> エイジングがあまりきつ過ぎず、あっさりと表現されているのでしょうか。
> いずれにしても、それがサラッと出来るところが、凄いところです。
いやぁ、肉眼で見て、発見が多く楽しめました。
思っていたよりずっと明るい色合いだけど、美しい汚れ具合。
こう言う路線って良いなぁ~と。
私は今風の情景ばかり作っていますので、昭和ローカルと言うのが、これまた刺激を受けました。
> 頂きは高くとも、目指したい!
> そんな気持ちにさせてくれますね(^-^;
はい。お互い、頂を目指しましょう。為せば成る!!(笑)

2016/04/07 (Thu) 23:40 | REPLY |   

コメント