木こり鉄道拝見 at JR浜松さんオフ会

伊豆鉄道(Nゲージマガジン複数回掲載)オーナー・JR浜松さんとは、ここ2年程?お付き合いいただいております。
息子さんの京急好き(笑)などもあって、展示会等でお話する機会がしばしば。

そんな折、嬉しいお声掛けがありました。
木こり鉄道さんがレイアウトをJR浜松さん宅に持参されるので遊びにおいでとのこと。仲間内での集まりだそうです。

なんとなんと、名作「伊豆鉄道」とJAMで感心した「木こり鉄道」を一度に拝見するチャンス!!
一粒で二度おいしい。(笑)
と言うことで、お言葉に甘えてお邪魔して来ました。
今回は前編と題して、木こり鉄道編をお送りします。

[JR浜松邸に広がる木こり鉄道]
2016052302.jpg

2016052301.jpg

広いリビングに、インテリア調の木こり鉄道が良く似合います。

私、この、インテリア調ってのに弱いんです。
押入線外枠をウォールナット材&オイルステインで仕上げたのも、この辺が理由です。
やはり、鉄道模型=大人の趣味ならば、外観もオシャレじゃないといけません。
スタイロフォームの断面丸出しなんてのは、私個人的にはNGです。(爆)
目指せ、大人の欧州模型趣味の世界。(笑)

[魅惑の電飾の世界]
2016052303.jpg

2016052304.jpg

2016052305.jpg

2016052306.jpg

2016052307.jpg

2016052308.jpg

木こりさん、なんと言っても面白いのが...
水面の下から、或いは、洞窟の中から点在する照明の数々でしょう。
所謂、リアル情景派とは一線を画しますが、私はこう言った路線も大好きです。

私の押入線とは芸風が違うじゃん?と不思議に思われる方もいらっしゃるかもしれません。
鉄道模型への憧れが、子供の頃に見たメルクリンと言うのも、この作風が好きな理由なのかもしれません。
私はリアル路線とは別にして、綺麗・お洒落・メルヘン的な模型にも憧れを持っています。

[路面電車も走ります]
2016052309.jpg

2016052310.jpg

一度に5本の列車が同時走行可能だそうですが、併用軌道や山間を走る小さな電車も可愛らしいところ。
二軸ディーゼルや、流行りのトラムなどが自動運転で往復します。
メインラインの長い編成と、路線の性格付け・強弱の付け方が面白いですね。

[豊富なミニシーン・アクセサリー]
2016052311.jpg

2016052312.jpg

2016052313.jpg

2016052314.jpg

2016052315.jpg

JAMでも関心したミニシーン。
結婚式有り、パーティ有り。お花畑あり。
隠れた部分にも信号有り。
さて、押入線に何を真似ようか...(笑)

[本線上は、京急祭り(笑)]
2016052316.jpg

2016052317.jpg

これ、私が持参したのではないのです。JR浜松さんご子息の豊富なコレクションを御開帳。
私より沢山お持ちなくらいです。(笑)

[ナイトシーンに照明が映える]
2016052318.jpg

2016052319.jpg

2016052320.jpg

水辺のライトアップ、周囲を暗くすると一層映えますね~
JR浜松さんは、家業が建築関係。拘りのお宅は、スイッチ1本で電動シャッターが下り...
ナイトシーン撮影大会となりました。
JAM会場よりも暗くしたことで、夜景の魅力がハッキリと分かります。

[撤収・分解の図]
2016052321.jpg

2016052322.jpg

2016052323.jpg

楽しい時間は過ぎて...そろそろお開きの時間。
遠路、車で搬入された木こりさんご夫妻は、見事な連携プレーで分解・車に積み込みを進められます。
流石、JAMでの展示を考慮した分解構造。
見事にバラバラに...SUVの後席・トランク部に一式が隙間なく収まりました。

このシステマチックな分解は、知る人ぞ知る、会津ヨシ!!さんのレイアウトを見る様であります。
(会津ヨシ!!さんも、トランスフォームするように見事に分解されるのです)

 ~ ~ ~

JR浜松さん奥さまの料理をいただきながら、木こり鉄道を快走する京急を眺めるのは楽しい時間でありました。
そして、この感動だけでは収まらず...、今回は、伊豆鉄道ワールドもあるのです。

と次回のネタに引っ張りまして、今回は筆を置かせていただきます。(^^;;
木こり鉄道ご夫妻、良い作品を見せていただき、ありがとうございました。

次回、伊豆鉄道編へ To Be Continued.....(笑)

[おまけ・YGフリッカー信号動画(新作)]

[おまけ・押入線メイキング動画]

- - - - -

ブログリンクに参加しています♪
良い記事だと思われましたら、ポチっとしていただけると、工作気力がアップします。

にほんブログ村 鉄道模型へor にほんブログ村 レイアウト製作へブログ村:鉄道模型・レイアウト製作

鉄道コムへ鉄道コム:鉄道模型・京浜急行


スポンサーサイト

6 Comments

凡人オヤマダ  

リゾート気分

前にも書いてしまったような気がしますが、木こり鉄道さんのレイアウトを拝見しますと「紅の豚」を想い出してしまいます。ポルコとかジーナが出てきそう。ホテル・アドリアーノですなあ。
屋外プールや海の水中ライトアップがほんとうにきれいです。日本もこれからは本格リゾートの時代かなと自分は思っています。
国鉄末期やバブル前夜に起きたジョイフルトレインブームの再来とも言うべきクルーズトレインブームが近年沸きあがっているのもリゾート気分を味わいたいという潜在需要がかなり埋もれているのかなと思えてきます。

2016/05/25 (Wed) 09:27 | EDIT | REPLY |   

卓  

Re

凡人オヤマダさん いつもコメントありがとうございます!!
> 木こり鉄道さんのレイアウトを拝見しますと「紅の豚」を想い出してしまいます。
> ポルコとかジーナが出てきそう。ホテル・アドリアーノですなあ。
言われてみれば、おっしゃる通りですね。欧風の良い世界観・空気感まで感じそうです。

> 屋外プールや海の水中ライトアップがほんとうにきれいです。
> 日本もこれからは本格リゾートの時代かなと自分は思っています。
なかなか、バブリーな豪華旅行には出かけられないのですが(汗)、模型の世界で夢を見るのは楽しいものです。
水中ライトアップを鉄道模型で実現されたのは、木こりさんが初?ではないでしょうか。
押入線も、例えば、将来的に京急直営のホテルでも建てて...
ライトアップしたプールなどをやってみたいなぁと思ったりします。

2016/05/25 (Wed) 12:31 | REPLY |   

ふらっと  

ご無沙汰しています。
コメントこそしていませんが、毎回更新されるたびに読んでますよ。
》スタイロフォームの断面丸出しなんてのは、私個人的にはNGです。(爆)
・・・・わりばし会の○○君とか●●君とか××さんに言ってやってくださいよ(笑)。

2016/05/25 (Wed) 17:21 | EDIT | REPLY |   

卓  

Re

ふらっとさん ご無沙汰です。
お会いしたのは、夏のJAMが最後ですね。家業・子育てお疲れさまです!!
> ご無沙汰しています。
> コメントこそしていませんが、毎回更新されるたびに読んでますよ。
あらら。ご覧いただいていたとは。ありがとうございます!!

> 》スタイロフォームの断面丸出しなんてのは、私個人的にはNGです。(爆)
> ・・・・わりばし会の○○君とか●●君とか××さんに言ってやってくださいよ(笑)。
まぁ、私の言うことなんて聞いてくださる皆さんじゃないですけどねぇ。(笑)
あれだけの個性派集団ですから、ボードの周囲とかも気を遣ってオシャレにしたら、
さらに一層、品が良くなる?のになぁなんて、個人的には思ったりしています。
オシャレは足元から、レイアウトはボードの枠から。なんつって。(^^;;;

2016/05/25 (Wed) 22:10 | REPLY |   

拓  

リアルなメルヘンワールド

こんばんは~(その・・・6?)
木こり鉄道さんのレイアウト、すごい素敵ですね~!
どこかで展開されているストーリーを探しに見入ってしまいそうです。
卓さんは芸風が違うとおっしゃってましたが、実は同じ路線なんじゃないかと思います。
リアル世界のフォーマットに則っている、という点においては。
スケールが違う建物が混在していたり、お菓子の家が建っていたり、
そんな完全メルヘン世界ではなく(それも楽しみ方として全然アリだと思いますが)、
きちんとリアルなフォーマット上に、現実にはない世界が構築されているから見入ってしまうのではないかなぁと。
きちんとつながっている道路、ヨットの積み下ろしげスロープ、風車が当たる範囲に入れないように立っている柵など、
画像内だけでも、随所に散見されます。
素晴らしい電飾についても、同じことが言えます。
現実世界にあり得る電飾方法なので、現実世界と同じ影の落ち方をします。
ここに心の琴線に触れる部分があるのではないかと思います。
しかも、断面の処理や考えぬかれた分割方法、
レイアウトの雰囲気に合わせてあるベーズボードなど、萌え要素満載ですw
いやぁ、ホントに素敵だなぁ。
とりあえず、ブログにコメントしてきますww

2016/05/29 (Sun) 19:11 | REPLY |   

卓  

Re

拓さんどーも(爆)
> 卓さんは芸風が違うとおっしゃってましたが、実は同じ路線なんじゃないかと思います。
流石。目の付け処が・・・
実は、自分でもそうなんじゃないかなって思ってました。
完全に同じ路線ではないけれど、近いというか。現実にありそうで無い世界。無さそうだけど、在りそうな世界?!
私の押入線は、ちょっと写実に寄っていて、
木こりさんは、メルヘンに寄っている。でも、基本は、まったく別ではないかなって気がしています。
> きちんとリアルなフォーマット上に、現実にはない世界が構築されているから見入ってしまうのではないかなぁと。
拓さん 凄いですね。
文豪、或いは、レイアウト解説者とお呼びします。(笑)
> いやぁ、ホントに素敵だなぁ。
> とりあえず、ブログにコメントしてきますww
これでまた、知り合いの知り合いは実は知り合い・・・の法則が増えますね。
ほんと、知らない間に交友が広がっていきます。

2016/05/30 (Mon) 07:37 | REPLY |   

コメント