懐かしいGMのカタログ

久しぶりの更新です。季節の変わり目か?、最近、体調を崩しまして...小ネタで繋ぎます。
先日の工房模様替えで、旧いGMのカタログ類が出てきました。

[懐かしいGMのカタログより]
2016060101.jpg

いや~懐かしい。私がNゲージを始めたのが小学6年の時。
恐らく、このカタログ類は中学生の頃に入手したものです。

この頃、各社のカタログ類を眺めるのが楽しみでしたが、特にGMの冊子を眺めるのが好きでした。
何より、製品カタログと言うよりは、読み物として面白かったのです。

[京急が走る海の情景、卓少年の心を鷲掴み(^^;;]
2016060102.jpg

[ウィットに富んだ工作アイデア記事]
2016060103.jpg

2016060104.jpg

2016060105.jpg

バスターミナル - これなくして"駅前"は語れない。

ですって。素敵~(笑)
私の押入線。駅前にバスターミナルを設置していますが、思えば...この記事にも影響されたかも。

当時のGM冊子や箱絵を主に担当された小林信夫さん。
最近は、TMS誌上で数々の記事を記載されています。
GM解説文の全てが小林さんの手によるものかは分かりませんが、小林節と言いましょうか、その絵と語りが秀逸でした。

自分の模型鉄道を作る。
鉄道のある街造り。(鉄道よりも街がメイン)
小中学生の私に、Nゲージレイアウトは情景が主体...(鉄道は脇役)と言う路線を植え付けたご本尊であります。(笑)

そして、製品に無い物は"創る"と言う精神。
「創る楽しみいっぱい」のGMキャッチコピーは、的を得ていましたね~

最近のカタログ、こう言った読み物系が少ない様に思います。
近所の模型店が減り、店頭レイアウトが減り...レイアウトが主役の本が減り。

NHK趣味悠々で一時期ブームになったかの様に思えたレイアウトブームが下火なのは、
これらの影響もあるのかなと感じます。

当時の私がワクワクした様な、模型の街の世界。
40代も折り返しが近い私は、今の少年たちに向けて、自分ももっと情報発信しないといかんなぁと思った次第です。
ブログやSNSと言う便利なものも有りますしね。

レイアウトの楽しさ、今後も、少しでもお伝えできれば幸いです。
そして、小林信夫さんの今後の活躍も願っております。

小ネタで失礼しました。
お粗末。<(_ _)>

[おまけ・押入線メイキング動画]

- - - - -

ブログリンクに参加しています♪
良い記事だと思われましたら、ポチっとしていただけると、工作気力がアップします。

にほんブログ村 鉄道模型へor にほんブログ村 レイアウト製作へブログ村:鉄道模型・レイアウト製作

鉄道コムへ鉄道コム:鉄道模型・京浜急行


スポンサーサイト

8 Comments

へびあたま  

こんばんは。
ご無沙汰しとります(^^ゞ
先日より駅モジュ始めたんですが、建物の窓ってどう作ってます?
材料とかコツとか色々教えてもらえないでしょうか?

2016/06/01 (Wed) 22:38 | REPLY |   

凡人オヤマダ  

伝説のGMカタログ

おお~これは見事なお宝。
きれいに保存されていますね~。
GMカタログといえばやはりあの薫陶というか檄文でしょう。
当時のGMカタログはただ自社製品のラインナップを掲載するだけではなく、工作の手法や情景模型をつくるときに必要な考察についても書かれていたことが印象的でした。
建築や土木に関する知識についてもきちんと触れてあったのはさすがです。
自分もGMカタログに掲載されていた駅前のバスターミナルの記事は強く印象に残っていまして、自分のレイアウトにも駅前バスセンターは必ず造ると心したものです。バスであっても鉄道駅と同格の位置づけと機能を与えた国鉄自動車線駅に憧れましたね。
時は流れ小林信夫氏はGMから去り、GMの車輛製品もキット主体から塗装済完成品主体へとシフトしました。かつての「創る楽しみいっぱい」というキャッチコピーはもう通じなくなりつつあり、GMの商品企画や販売スタイルの変化していきました。
自分はもうGMにこの当時に戻れとは言えませんが、それでも小林氏らが当時のカタログに書かれていたことは誰かがしっかり受け継ぐべきだと思っています。
次世代の鉄道模型ファンにとって憧れやお手本となるべき情景重視型のレイアウト作品やそれを創るための考察は心ある個人がSNSやブログという情報媒体を使ってでも伝え、遺していきたいものです。

2016/06/02 (Thu) 10:16 | EDIT | REPLY |   

卓  

Re

へびさん ご無沙汰しております!
> 先日より駅モジュ始めたんですが、建物の窓ってどう作ってます?
> 材料とかコツとか色々教えてもらえないでしょうか?
私の場合、壁の材料の厚み1mmを基本にしています。エバーグリーンを中心に。
で、窓枠には0.5mm角のプラ棒を用いて、1mmの壁開口部の内側に添わせて貼りつけます。
こうすると、外壁・窓サッシ・窓面が、各々0.5mmの段差になります。
繊細な表現ではないけれど、段差がハッキリ見えるにはこれぐらいで良いかなと...
どうでしょう???

2016/06/02 (Thu) 12:43 | REPLY |   

卓  

Re

凡人オヤマダさん いつもコメントありがとうございます!!
> おお~これは見事なお宝。
> きれいに保存されていますね~。
ありがとうございます。

> 工作の手法や情景模型をつくるときに必要な考察についても書かれていたことが印象的でした。
> 建築や土木に関する知識についてもきちんと触れてあったのはさすがです。
仰る通り、あの名文句には心が打たれたものです。
街並みを作りたくなるような誘うセリフ、面白かったですね~。読むだけで楽しめました。
> 自分もGMカタログに掲載されていた駅前のバスターミナルの記事は強く印象に残っていまして、
> 自分のレイアウトにも駅前バスセンターは必ず造ると心したものです。
やはりそうでしたか。
我々の年代のレイアウトファンは、少なからず影響を受けていますね。
> 自分はもうGMにこの当時に戻れとは言えませんが、
> それでも小林氏らが当時のカタログに書かれていたことは誰かがしっかり受け継ぐべきだと思っています。
全く持って同感です。
作りたい。と思っていただくきっかけ作りの一助になればなと、思ったりしています。

2016/06/02 (Thu) 12:47 | REPLY |   

拓  

懐かしい思い出

こんにちはー( ´ ▽ ` )ノ
(久しぶりにリアルタイムレスw)
GMのカタログを画像を見ていたら、完全に忘れてた記憶を思い出しました。
家から自転車で30分位のところに小さな鉄道模型店があることを知った小学生の私、ドキドキしながら訪れてみました。
ちょっと薄暗く感じられる店内に入ると、ムスッとした店主(失礼)がいるだけで、さらにドキドキw
でも、店内にある列車を見ていると、そんな事も忘れて列車に見入っていました。
なけなしのお小遣いから、中古の車掌車を購入。(車掌車も懐かしいw)
その時に店主が「ありがとう。これもどうぞ」と言ってもらったのがGMのカタログでした。
何かお客さんとして認められたような気がして、ニマニマしながら自転車こいで帰った夏の夕暮れ。
あの夏のにおいまで思い出して、何かほっこりしちゃいました。
買った車掌車のステップを白く塗ったら、思ったより綺麗に塗れて喜んだ事も思い出しまた。
でも、案の定軟質プラなのですぐに剥げて、凹んだ事も思い出しました。
まぁ、今となっては良い思い出ですね。(完全に忘れてましたがwww)
昔のカタログには夢がいっぱい詰まっていましたね。
今のカタログはあっさりしていて熱が感じられないのは、
作り手が変わったのが、受け手が変わったのか、どちらなんでしょう。
でも、あの小学生の私は、今のカタログでもドキドキして読みそうなので、
良くも悪くも大人になったのかもしれません。

2016/06/03 (Fri) 13:18 | REPLY |   

卓  

Re

拓さん いつもどーもです!!
> こんにちはー( ´ ▽ ` )ノ
> (久しぶりにリアルタイムレスw)
珍しい。(笑)
私のレスが遅れました...
> なけなしのお小遣いから、中古の車掌車を購入。(車掌車も懐かしいw)
> その時に店主が「ありがとう。これもどうぞ」と言ってもらったのがGMのカタログでした。
> 何かお客さんとして認められたような気がして、ニマニマしながら自転車こいで帰った夏の夕暮れ。
> あの夏のにおいまで思い出して、何かほっこりしちゃいました。
いい話ですね~
そうそう、私も、Nゲージを始めて手に入れた日の光景は、つい先ほどの事のように思い出します。
最近は、近所の模型屋が減って・・・こういう話も減ってしまいましたねぇ。( ノД`)シクシク…
> 買った車掌車のステップを白く塗ったら、思ったより綺麗に塗れて喜んだ事も思い出しまた。
> でも、案の定軟質プラなのですぐに剥げて、凹んだ事も思い出しました。
> まぁ、今となっては良い思い出ですね。(完全に忘れてましたがwww)
皆、そうやって大人の階段を登るのです。(笑)
> 昔のカタログには夢がいっぱい詰まっていましたね。
> 今のカタログはあっさりしていて熱が感じられないのは、
> 作り手が変わったのが、受け手が変わったのか、どちらなんでしょう。
ほんと、昔の方が読み物として面白かったですね。
製品の種類は少なかったけど、それを補う夢がありました。
> でも、あの小学生の私は、今のカタログでもドキドキして読みそうなので、
> 良くも悪くも大人になったのかもしれません。
大人に・・・
私も、おっさんに・・・(笑)
でも、少年の心を持ち続けています(爆)

2016/06/04 (Sat) 10:24 | REPLY |   

マーボー堂  

はじめまして

はじめまして楽しく拝見してます。
独特の絵も好きなので捨てずにとってあります。
表紙みたいに京急いっぱい集めたいなとかレイアウト造りたいと思ったものです。
少年時代のレイアウトには駅前に無理やりバスターミナル造りました(笑)
同じ物持っている方が居てあまりに嬉しくてついコメントを。。。
今後の活動も楽しみにしてます。体調の回復のためご自愛くださいませ。

2016/06/07 (Tue) 20:38 | REPLY |   

卓  

Re

マーボー堂さん はじめまして。コメントありがとうございます!!
実は...と言いますか、履歴(足跡)などでご存じかもしれませんが、
私もしばしば、マーボー堂さんのブログにお邪魔しております。
京急などを中心とした私鉄電車の工作、楽しく拝見しております。
真鍮キットをあのペースで...羨ましくも、感心しながら眺める日々です。
> 独特の絵も好きなので捨てずにとってあります。
> 表紙みたいに京急いっぱい集めたいなとかレイアウト造りたいと思ったものです。
> 少年時代のレイアウトには駅前に無理やりバスターミナル造りました(笑)
> 同じ物持っている方が居てあまりに嬉しくてついコメントを。。。
やはりご存じでしたか。
ブログを拝見して想像する限り...私より年上・先輩でいらっしゃるように思いますが、
やはり、この時代のカタログやプラン集には馴染まれたのですね。
私も、先日発掘して、昔を懐かしく思い出した次第です。
あれから30年。私は40代。月日の流れを...焦ってしまいます。(笑)

> 今後の活動も楽しみにしてます。体調の回復のためご自愛くださいませ。
ありがとうございます。
おそらく、お互いの住まいも近いのではないかと思います。
今後ともお付き合いの程、よろしくお願いいたします。

2016/06/07 (Tue) 23:38 | REPLY |   

コメント