神奈川駅モジ・下り擁壁(1)

神奈川駅風モジュールの続き。
下りホーム表面の、点字ブロックとかさ上げ処理が終わりましたので、ホームと一体になった擁壁工事を始めます。

[擁壁の基礎造成]
2016071001.jpg

[跨線橋ギリギリまで壁が迫ります]
2016071002.jpg

まず、擁壁の高さに悩みました。
この線路の上に、青木橋が通ることになりますが...
そうなると、道路橋の高さが60mmは欲しい。

線路厚み= 8mm(コルク道床+PECOフレキ)
架線高さ=35mm
架線厚み= 5mm
橋げた = 5mm

とすると、53mmです。
余裕を持たせて、60mm。

ところが、この高さだとイメージと違う。擁壁が高過ぎます。
ギリギリの線で、50mmまで下げました。この状態で、上記の画像となります。

実際の神奈川駅は、もっと、擁壁が低く感じます。
この辺が、オーバースケールなNゲージの難しさですね。そこそこの雰囲気で諦めました。

[プラ板細工でパーツ作成]
2016071003.jpg

プラ板とプラ棒で、キットよろしく各面のパーツを作ります。
これを組み立てて立体にします。

がしかし、これぐらいの長さ(モジュール長600mm)一杯のプラパーツとなると、
反りや歪みが避けきれない。(^^;;;
まして、ホームの下地は、これまた柔いスタイロフォームですから、難しいものがあります。

しばしば、ボシさんが「ドイツ車の様にカッチリした卓モジュール」と言ってくれますが、
今回はそのレベルに遠く及ばず....
数年前に乗っていた、緩いアルファロメオ品質を感じます。(笑)

[プラ板細工の図]
2016071004.jpg

2016071005.jpg

んー、なんか緩い仕上がりっすね。(^^;;;

次の工程で、基礎に対して、石垣などを重ね貼りして形作る予定です。
この化粧作業で、下地の歪みが上手く隠れることを期待しつつ進めましょう。

小ネタで失礼しました。
お粗末。<(_ _)>

[おまけ・押入線メイキング動画]

- - - - -

ブログリンクに参加しています♪
良い記事だと思われましたら、ポチっとしていただけると、工作気力がアップします。

にほんブログ村 鉄道模型へor にほんブログ村 レイアウト製作へブログ村:鉄道模型・レイアウト製作

鉄道コムへ鉄道コム:鉄道模型・京浜急行


スポンサーサイト

4 Comments

拓  

着実!

こんにちは~
「着実!」ってタイトルに書いたら、「蒸着!」ってのを思い出しましたw
蒸着しても防御力もなにもないだろうに。まさか、耐ビームコーティング?!
閑話休題
着実にイイカンジに完成に近づいてますね。
10cmの並行が出なくて辟易している者からすると、十分ドイツ車クオリティですっ!
私だったら1枚切り出した時点でプラ版は諦めてます(;´∀`)
スタイロ芯にしちゃうかなぁ・・・カッターあるしw
とか、安易な方に流れちゃうから工作技術が上達しないんだろうなぁ・・・・(・_・;)
モジュ作り始めて分かったのですが、ストラクチャー下の高さ表現が厳しいですね。
架線までの高さってメートル単位の振れ幅があるなんて知りませんでした。
確かに実物見ると、建物下ってパンタグラフがかなり下がってますね。
でも、その高さに合わせてしまうと通常のパンタの形が低すぎて違和感アリアリです。(というか、モジュ規定にも引っかかっちゃいますし。)
なので、必然的に建物下の高さを通常位置に合わせるんですが、そうするとミョーに線路からストラクチャーの高さが開くんですよねぇ・・・・。
私のモジュールも、この駅舎の下のスカスカ感をどうするかが課題です。
架線を張ってゴチャ感と精密感の両立を図るのが良いんでしょうが・・・・そんなキリッとした架線作れるのかなぁ・・・・(・_・;)

2016/07/10 (Sun) 14:55 | REPLY |   

nuke  

はじめまして

こんにちは。
擁壁と青木橋の高さのつじつまで悩まれたようですが、擁壁の上に続く道は
駅舎周囲でぐっと橋より下がってますから、擁壁も青木橋よりちょっと低くて
正解だと思います。
…と、神奈川駅は我が家の超近所なもので、つい出しゃばってしまいました(^^;
いつもブログ拝見していましたが、これまで以上に進捗楽しみにしております!

2016/07/10 (Sun) 15:48 | EDIT | REPLY |   

卓  

Re

拓さん 毎度どーもです!!
> 「着実!」ってタイトルに書いたら、「蒸着!」ってのを思い出しましたw
アルミ蒸着シートなんてのもありましたね。
> 着実にイイカンジに完成に近づいてますね。
>
> 10cmの並行が出なくて辟易している者からすると、十分ドイツ車クオリティですっ!
どーもです。
でもねぇ、今日も色々とあって・・・
部屋が西日で暑いのもあるかもしれませんが、また予期せぬ変形を。
プラってのも、難しいもんですね。(^^;;;
今まで、ペーパー自作や金属自作の人は大変だなって思ってたけど、
プラも、一定の大きさを超えると、反りや歪みが厳しいですね。
> モジュ作り始めて分かったのですが、ストラクチャー下の高さ表現が厳しいですね。
> 架線までの高さってメートル単位の振れ幅があるなんて知りませんでした。
> 確かに実物見ると、建物下ってパンタグラフがかなり下がってますね。
私も、情景工作も初めてから、実景観察を良くするようになりました。
駅の架線なんかを見ていても、架線の支え方が色々ありますね。
> 私のモジュールも、この駅舎の下のスカスカ感をどうするかが課題です。
> 架線を張ってゴチャ感と精密感の両立を図るのが良いんでしょうが・・・・
> そんなキリッとした架線作れるのかなぁ・・・・(・_・;)
あなたなら作れるさ。なんたって、敏腕スケール?モデラーだもの。ねー!!(笑)

2016/07/10 (Sun) 20:54 | REPLY |   

卓  

Re

nukeさん はじめまして。コメントありがとうございます!!
> 擁壁と青木橋の高さのつじつまで悩まれたようですが、擁壁の上に続く道は
> 駅舎周囲でぐっと橋より下がってますから、擁壁も青木橋よりちょっと低くて
> 正解だと思います。
なるほど。そうでしたか!!
一度、帰宅途中に取材に出かけましたが、そこまでは見て来ませんでした。
参考になります。

> …と、神奈川駅は我が家の超近所なもので、つい出しゃばってしまいました(^^;
> いつもブログ拝見していましたが、これまで以上に進捗楽しみにしております!
ありがとうございます。
今回、セミフリーと言うか、"タイプ"という事で逃げ切ろうと思っていますので、
ガッカリさせるかことも多いかもしれませんが、実物の特徴的なところを取り入れて、模型化できればと思っています。

2016/07/10 (Sun) 20:56 | REPLY |   

コメント