バラスト準備工事:その5

継続は力なり?!
大した工作ではありませんが、珍しく連日、カッターと接着剤を握りましたので、奇跡の3日連続更新です。
見栄えしない記事となっております。(^^;;;
 
と、その前に、本題前の雑談。
 
午前中、リフォーム屋さんに行ってきました。と言っても、リフォーム専業ではなくて、普通の不動産屋さんです。
ん~
テレビの劇的ビフォーアフターとかの見過ぎでしょうか。
大まかなことを言えば、素敵なデザインがポンポン出てくるのかなぁなどと幻想をいだいていましたが・・・
ま、そーゆーもんではないんですね。(^^;;
ちょっと気長に構えて、相談してみたいと思います。
折り合いつかなければ、リフォームやめれば良いし。
 
・・・ さて、本題です ・・・
 
今回は、先日の記事で記載した、バラストの肩を盛り上げて「イカリ肩」風にするためのプラ棒の設置にいそしみました。
対して変わり映えしませんが、写真で見ると、プラ棒ゾーン(白い棒が目立つ)が拡大したように思えます。
 
[とりあえず変わり映えしない全景]

 
ようやく、線路の両脇が、側溝またはバラスト留めに区切られつつあり、
イカリ肩?になりつつあります。ふぅ~。骨が折れますね。
 
[ポイント付近、2線が合流するときの「イカリ肩」に悩んで、余計な細工をするの図]

 
結構手間暇かけてるつもりですが、バラスト準備延々として進まず。
どんな作業もそうですが、なかなかサクっとはできないものですね~
 
もうしばし、頑張ってみます。

スポンサーサイト

0 Comments

コメント