EF64(天賞堂)

EF90導入以来、久々に16番マイブームの当鉄道。
在庫品の中では、最新?に近い一台を発掘してきました。
 
[天賞堂 EF64 缶モーター フライホイール仕様]

 
199x年頃に発売された、恐らく、0番台の初版品です。
天賞堂製機関車は、製造が福島模型の「黒ラベル(HG仕様)」とそうでない物のラインナップに別れていたと思います。
直流電機で、黒ラベルになったのは、この機関車が初めてではないかと思います。
 
同社の交流電機と同様、とても端正な仕上がりだなと、当時、感心したものです。
今の目で見ても、先日のEF66とは違って?、そんなに時代を感じさせません。
唯一あるとすれば...
側面のエアフィルターの段差(側板とツライチでない)が、やや古臭さを感じます。
当鉄道の旧~いコレクションの中では、今の時代で通用する数少ない車両かと思います。
 
[アップでもう一枚]

 
結構、似てると思うのは私だけ?
ナンバーくらいは付けたいですね。
やっぱ、今は、メタルインレタでしょうか・・・?
切抜き文字は、貼るのが難しそうだなぁ。。。。。
何接着剤で貼るんだろ (@_@ ??
浦島太郎の、初心者16番モデラーです。
 
[側面の図]

 
[試運転動画です。。。20年ぶりに、目覚めよ、64!]
 
やった!
走りました。(当たり前?)
重い(久しぶりで渋い)なりになんとか走るのは、フライホイール効果かもしれません。
これぐらい走ってくれれば、結構遊べるかも♪
 
 ~ ~ ~
 
また、押入れ在庫を発掘したら、車両紹介をしたいと思っています。

スポンサーサイト

0 Comments

コメント