街路樹作成

ようやく色塗り・歩道工作が終わって形になりつつある駅前ロータリー。
 
緑があると良いね・アクセサリーが楽しみだね、とのコメントをいただいたかと思います。
まったくもって、ご意見に同感。
アクセサリーが欲しくなりました。
最近、ずっとアスファルト・コンクリート色の色塗りばっかしていて作業にも飽きたし。(^^;;
 
ということで、街路樹の準備に入ります。
 
このブログの記念すべき第一回記事に記載しましたが、私は、駅前の並木通りがあるレイアウトを作るのが念願でした。
その夢が、ようやく・・・と言ったところです。
 
今回の材料はこちら。
 
[街路樹材料:KATO製街路樹と、ジオコレのけやき]

 
ちょっと贅沢な使い方ですが、両者を部品取りにして、ミックスして使いたいと思います。
また今回も自己流・思いつきの組み合わせです。(^^;;
 
[ジオコレは、枝ぶりだけを使います]

 

 
そのままでは、私のイメージする街路樹には少しサイズが大きいようです。
高さが5cm~7cm程度(実物換算、10m弱規模)の木とします。
 
[KATOは、木の台座だけ使います]

 
模型屋さんの店頭で見て、感心しました。
木を支える袖木というのでしょうか? こう言う表現をNゲージの既製品で発売してくれるのかと・・・
 
痒いところに手が届く。この部品、使わないわけには行きません。
でも、木、本体はダサいから使いませんけどね。(^^;;
 
さて、台座だけ使いたいのですが、接着剤がガッチリついていて困りもの。
木は、針金を束ねたものでしたので・・・
ペンチでひねって、針金をばらし、無理やり引っこ抜きました。
指先にマメが出来てしまった・・・
成せばなる。マメの一つや二つがなんじゃい!(爆)
 
晴れて、台座単体となった部品は、例によってこの様に、塗装で化粧しました。
まず、全体を、家にあったレッドブラウンのスプレーで一吹き。
エナメルでウォッシングして・・・
袖木は、明るめの茶で軽く化粧。
 
台座部分は、土表現にしようということで、
タミヤ情景テクスチャーペイント+アクリル薄め液+パステルの粉+フラットアース を混ぜた粉っぽい塗料を面相筆で塗りました。
 
[台座だけ並べて塗装中の図]

 
[今日の料理ではありませんが、下ごしらえが済んだ食材達]

 
枝は、大きさ調整(カット・ヤスリ削り)後、色剥げボロ隠しを兼ねて、部分色補修&ウォッシングしておきました。
明日以降、早く帰って来た日に、今度は葉を茂らせるといたしましょう。
 
ちなみにこんな感じ↓になると、情景が素敵だなぁと思うんですけどね。
[神戸市ホームページより転載(すみません)]

 
~~閑話休題~~
 
今日、仕事でいつもの勤務先と違う場所に出かけたので、ついでにこんなモノを物色してきました。
先日の記事で、凡人オヤマダさんにお勧めいただいた、こばるの街灯と、
偶然発見した、京急バスコレ限定品です。
 

 
街灯は、私の腕で上手く使えそうか、見てみようと思っています。
バスコレは思わず手に入って嬉しい~
どこでも売り切れだと思っていたので。
 
・・・
 
と、そういえば、バスロータリーができたら、駅前に並べようと買い置きしてあったバスがまだ押入れにありました。
 

 
こんな小さいバスロータリーに、溢れる台数のバスがあってどうするんだか?
ま、でも、そんな「バス並べ遊び」も、バスが大好きだった幼稚園児がそのまま大きくなった私には嬉しいのです。
 
いつまで経っても、大人になれていませんね~(^^;;
 
- - - - -
ブログ村なるものに、登録しています。
まだ、勝手が分からないのですが、よろしければ、ポチっとしていただけると幸いです♪
 


スポンサーサイト

0 Comments

コメント