EF510でJM・13mmに挑戦:その3

KATO EF510でJM・13mmに初挑戦。
前回投稿でメカ的には走る様になりましたので、外装工作に移ります。

[エセプレステージ化を目指す(笑)]
2017122509.jpg

KATOのEF510、過度なディテールを省き、コストパフォーマンスに優れているのは有名なところ。
でも、機関車単体で見ると・他社製品と並べると、やや寂しい感を感じます。

模型店のショーウィンドウで、トミックスのプレステージと見比べると・・・

・乗務員ドア付近が寂しい(手すり・ドアノブがモールド)
・前面が寂しい(ワイパーやエアホースが無い)
・軟質樹脂製の全面手すりが、シャッキリ感を損ねている

のが主な要因ではないかと思いました。
この辺をなんとかすべく、軽加工してみます。

[前面をアップで]
2017122501.jpg

乗務員ドア脇の手すり・ドアモールドを削り、真鍮線・ブラスパーツに置き換えました。
ワイパーはまだ未施工です。

また、ヘッドマークステー?のモールドも、削り取ってしまいました。
どうにも、ただの凸モールドではステーに見えない気がして。無い方がイイかなと。
(別パーツでの追加は追って検討です)

以下、製作過程です。

[1.モールド削り落とし・下地調整]
2017122502.jpg

2017122503.jpg

2017122504.jpg

2017122505.jpg

削りたくない部分にマスキングテープを貼り、
彫刻刀を用いたカンナ削り(刃を横にスライドさせる)→ヤスリの順で・・・
地道に削りました。

EF510は、ドア付近が側板より1段凹んでいるので作業が大変。(^^;;
完全に平面が出ているとは言い難いのですが、
上から金属パーツを貼り重ねるので、粗もそんなには目立たないかな?と思います。

また、オリジナル塗装の剥離は、本来ならIPA漬け等をするのでしょうが、
私は手抜きで、

・大きなマークはシンナーでー拭き取り
・その他は全体的に足付けを兼ねて、1000番程度のペーパーとスポンジヤスリで磨き
・サフ代わりのグレーを吹き付け

で整えました。

パーティングライン等も磨いて落としますが、老眼の勘違いでディテールも削った部分あり。(^^;;
(側面フィルターの周囲にリベット・ボルトモールドがあります。
2重円の様なディテール?になっていますが、外側の円・凸モールドを削ってしまいました。)

元々、繊細なモールドであまり分かりませんが、
製品より何処となくフラッシュサーフェースなスッキリ仕上げになりました。(爆)

[2.手すりを曲げる]
2017122506.jpg

2017122507.jpg

0.4mmの真鍮線で手すりを作ります。

側面の8本を同じサイズで曲げるのは骨がおれますので、なんらか治具が欲しいところ。
丁度、手持ち定規の幅が、手すりの長辺とほぼ同じサイズでしたので、これを治具代わりに曲げました。
前面・ライト脇の4本は、手持ちペンチの幅をガイドに曲げています。

[3.利用パーツ]
2017122508.jpg

ドアノブ・エアーホースはエコーモデル製をチョイス。
IMONの店頭で、実際に眺めて、選びました。

ドアノブは実車とは形が違うと思いますが、見た感じがビビっと来ましたので採用。
これで、トミックスのプレステージにも負けません。(笑)

 ~ ~ ~

さて、今回の510は、近々に開催予定の集まりに持参しようかと企んでいます。よって、残り工期が余りありません。
ボディーについては、後はワイパーぐらいで締めておこうかな。と思案中。

年の瀬ギリギリの工作ですが、生暖かく見守ってください。
お粗末。<(_ _)>

[おまけ・押入線メイキング動画]

- - - - -

ブログリンクに参加しています♪
良い記事だと思われましたら、ポチっとしていただけると、工作気力がアップします。

にほんブログ村 鉄道模型へor にほんブログ村 レイアウト製作へブログ村:鉄道模型・レイアウト製作

鉄道コムへ鉄道コム:鉄道模型・京浜急行


スポンサーサイト

2 Comments

会津ヨシ!  

を!
キッチリ、カッチリって感じで進んでますね。
今週末には間に合いそうですね〜

2017/12/26 (Tue) 16:05 | REPLY |   

卓  

Re

藩主殿 いつもどーもです!!
> を!
> キッチリ、カッチリって感じで進んでますね。
> 今週末には間に合いそうですね〜
ギリギリの戦いです。(笑)
藩主殿はじめ、拓さんとか・・・最近、JMを始めた人がどんどん凄いのを作るから・・・
いやー、参りました。(笑)
なんとか、遊びネタぐらいになればいいなと思っています。

2017/12/27 (Wed) 02:13 | REPLY |   

コメント