マイクロエース製 1500形VVVF改造車②プチ加工・シェイクダウン

先日の投稿で入線した、マイクロエース製「品番 A-6385 更新車・VVVF改造車 6両セット」の続き。
押入ファインテックによる軽いお化粧を経て、新押入線でシェイクダウンと洒落込みます。

# 今回から、試しにPCビューでの画像を少し大きくしてみます(クリックするともう一回り大きく)

[新押入駅に向かうエアポート急行、なんてね]
2020052101.jpg

列車種別の選定ですが...
6両編成ですから、快特や特急じゃない。1500って脇役イメージですし。
800形、または4両編成を押入線では普通に充てたいので、エアポート急行にしてみました。

なんとなく、脇役感があるイイ種別かなと思います。
昔住んでいた弘明寺にも急行って停まりますし、なんか親近感があるんです。

行き先は「新逗子」に。逗子って、なんか旅情のある地名ですよね。
最新の「逗子・葉山」でないのも、沿線おじさんにはグっと来ます。(笑)

[新旧屋根の化粧比較]
2020052102.jpg

今回は、

・アンテナ類は、軽くバリ取り
・エナメルフラットブラックで、配管モールドやクーラ凹部に墨入れ
・配管ゴム部はフラットブラックで塗り別け
・エナメルデッキタンで、凸部にドライブラシ

した後に

・Mrカラーフラットブラックをエアブラシで汚れ吹き

してみました。

パンタグラフは、

・ガイアプライマー → 8番シルバー → ガイシに白・シュー先端に黄色・シューに黒 → 汚れ吹き

しています。

なんか、久しぶりにやったせいか、パっとしない感。よく見るとちょっとミスってるし。(^^;;
100点満点で60点。
でも、買ったまま何もやらないよりは良いかなと思っています。
レイアウトを走る電車は、情景に合わせて(特に屋根は)少し汚れている方がいいと言うのが持論です。

足回りも汚した方が良いのですが、車輪磨き・オイル挿し等を考えて、今回も未施工。
現在までのところ当押入線では、あまりにも色が明る過ぎるKATOの2100形のみ、足回り施工しています。

クレンザーで磨いてからガイアプライマー吹けば、かなり塗膜は強いかな。と言う感覚は得ています。
足回り施工は今後の課題です。

[TNカプラー交換ついでに、中華油を清掃]
2020052103.jpg

この「こってり」グリス、凄いですよね。いつも感心しちゃいます。
綿棒で粗方拭き取った後に、接点部だけ、タミヤの接点グリスを少量塗っておきます。

ちなみに、TNカプラーについては、以前記載したこちらの過去ログを参考にどうぞ。
 → TNカプラー選択Tips (https://takusama2100.blog.fc2.com/blog-entry-633.html)

それでは、今回も形式写真風に6両のご紹介。

[1569]
2020052104.jpg

[1570]
2020052105.jpg

[1901]
2020052106.jpg

[1902]
2020052107.jpg

[1571]
2020052108.jpg

[1572]
2020052109.jpg

この製品を買ってから知ったのですが、1500形って改造や改番を頻繁にしているんですね。

1500形が全盛になろうかと言う時期は...
ちょうど私が電車模型でなく本物の車に凝っていた時期なので、改めて知る。と言った感じです。
アルミボディーは1600番台、VVVFは1700番台のイメージなので、隔世の感があります。

[アップでもう一枚]
2020052110.jpg

1500形、改めてみると...
800形や2000形が引退した今となっては、細い白帯の貴重な京浜急行スタイル。
堅実な外観で、なかなかいいじゃないですか。ブラックマスクも男前・見直しました。(笑)

ポポンデッタの室内灯も、蓄電機能効果があってチラつかず、なかなか良い感じ。
ここしばらくは、新押入線のエースとして活躍することでしょう。

ようやく、押入線と掛け持ちでない、新押入専用の常駐編成ができました。
もう1編成ぐらい欲しいな。。。
でも、車両の整備は面倒くさいなぁ。老眼に堪えます。やれやれ。

やっぱり、私には大らかな情景工作が向いてるみたい。(笑)
お後がよろしいようで。<(_ _)>

[おまけ・押入線メイキング動画]

- - - - -

ブログリンクに参加しています♪
良い記事だと思われましたら、ポチっとしていただけると、工作気力がアップします。

にほんブログ村 鉄道模型へor にほんブログ村 レイアウト製作へブログ村:鉄道模型・レイアウト製作

鉄道コムへ鉄道コム:鉄道模型・京浜急行

スポンサーサイト

0 Comments

コメント