駅前ロータリー:ジオタウン加工中

1週間ぶりの投稿です。
 
この土日、工作時間は正味3時間程度でした。(^^;;
中々まとまった進捗になりません。
 
3時間で進んだ事といえば・・・
前回記載した、駅前ロータリーの加工を続けています。
 
ジオタウンの駅前セットを切った貼ったして、足りない部分をプラ板(1mm厚)で合体。
まだ継ぎ目だらけでミスボラシイですが、この様な近況です。
 

 
ジオタウン、何気に、厚みがあるので、切った削ったが骨が折れます。
ま、もともとそういう用途のものでないので・・・あたりまえです。(^^;;
 
しばらくの間は、駅前との格闘が続きそうです。
 
・・・
 
閑話休題。
先日、鉄道ピクトリアル12月号「[特集]大阪の私鉄ターミナル」をゲットしました。
 
私は鉄道好きと言っても、実物派ではなくて模型派なので、実物誌はそんなに買わないのですが、レイアウトの妄想を掻き立てられる記事があると、手にしてしまいます。
 
大阪のターミナル駅は、阪急の梅田を筆頭に、雰囲気が良いですね。
特に、乗車・降車ホームに挟まれて、電車が発着する様が泣かせます。
 
・・・
 
我がレイアウト、島式ホーム一本だけで良いと思っていましたが、ホームがもう一本欲しくなりました。
駅前ロータリー側に、もう一本ホームを置けないかなぁと・・・悩み中です。
 
京急で言えば、横浜の様な雰囲気です。
島式ホームは、基本的には片面利用で、線路を挟んで、下り専用の対向式ホームがもう1本有る様な。
 
でも、こんな小さい駅に、ホーム2本は変だよなぁ。
ホーム造るのも面倒だし。(爆)
 
ちょっと、考えてみます。

スポンサーサイト

0 Comments

コメント